翻訳会社・通訳会社ブレインウッズの沿革。英語、中国語、韓国語、欧州言語の翻訳・通訳の多言語サービスを展開

Brainwoods Corporation, Ltd.The multilingual services provider
Your Language-Powered Solution

沿革

ブレインウッズは、社長の相田(電機メーカーでの海外営業、役員秘書等を経て現職)と専務取締役の笹波(写真通信社勤務の傍ら、翻訳者を経て、現職)が2000年に創業。言語に関する知識・経験のあるスタッフを集め、企業向けの翻訳事業を開始。2002年に通訳事業を、2004年には映像翻訳事業をスタート。その後英語研修や外国語の人材派遣、デザイン事業に着手し、企業の国際的な活動をサポートする各種サービスを展開してきました。

2000年9月 創業、英語⇔日本語翻訳サービス開始
2000年 翻訳多言語展開(日本語⇔仏、独、伊、西)
2001年
  • 音声起こしサービス、論文翻訳サービス等開始
  • 翻訳多言語展開(日本語⇔露、中、韓)
2002年 通訳サービス開始(英、仏、独、伊、西、中、韓)
2003年 映像翻訳サービス開始(英)
2004年 映像翻訳多言語展開(韓、瑞)
2005年
  • 映像翻訳多言語展開(仏、独、伊、西、葡、露、中)
  • オフィス増床
2006年 株主割当増資により、有限会社から株式会社に組織変更
2007年
  • 吹き替え翻訳サービス開始
  • 通訳者向けセミナー(基礎コース)開講
2008年
2009年
2010年 外国語人材サービス開始
2012年 本社事務所を移転
2013年
  • 法人英語研修サービスをリニューアル
  • 映像翻訳者派遣サービスを開始
  • メディカル映像翻訳サービス開始
2014年 別館設立(映像翻訳部を移転)
2015年 ERP全社基幹業務システム(販売管理システム)導入
2016年
  • 京都支店オープン
  • 人材サービス事業部新設
  • ISO17100取得(翻訳サービスに関する国際規格)
2017年 別館を移転・増床(翻訳事業部、映像翻訳事業部が移動)
2018年
  • 京都支店を移転
  • コミュニケーション・デザイン事業部新設
  • グローバル人材育成事業部新設
Page Top