FAQ

翻訳サービスに関して、お客様からよく頂くご質問とその回答を以下にまとめました。

翻訳サービスについて

特急で仕上げてもらいたいのですが…

分量と内容によっては特急仕上げや即日のご納品も可能です。お急ぎの度合いに応じて特急料金が加算されます。詳しくはご相談ください(ご依頼内容や社内の状況によってはご対応できない場合もございます)。

また翻訳サービスでは仕上げレベルの選択が可能です。一次翻訳と簡易チェックのみで納品するドラフト仕上げをご希望であれば短納期で納品いたします。詳細は『仕上げレベル』をご覧ください。

多言語への翻訳は可能?
はい、可能です。主に、日本語から英語・中国語・韓国語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語・ポルトガル語・ロシア語などへの翻訳を承っています。原則として各言語のネイティブが翻訳または校正のプロセスに必ず関わります。詳しくは『取扱言語』をご覧ください。
いろいろな言語の翻訳者がいるのでしょうか?
英語や欧州・アジアの各言語に対して、所定の審査を経て登録された翻訳者・校正者を揃えております。
翻訳するのはどんな人ですか?
各分野に精通し、弊社選考を通過した、ネイティブ / バイリンガル翻訳者が担当いたします。担当翻訳者の実績確認をご希望の場合は各営業担当者までお尋ねください。
専門的な分野の翻訳も可能ですか?
様々な業界・分野の実績があります。また案件ごとに、その業界や分野に詳しい作業者を選定した上で、翻訳を進めます。詳しくは『対応分野』をご覧ください。実績については『実績紹介』をご覧いただくか、担当までお問合せください。
対応(または納品)可能なファイル形式は?
テキスト、Microsoft Word・Excel・PowerPoint、HTML、PDF、Adobe Illustrator・Photoshop など、多くのファイル形式に対応可能です。
DTP は対応可能?
印刷物用原稿の翻訳だけでなく、Adobe Illustrator や Photoshop などデザインデータへの訳文流し込み・レイアウト調整・印刷まで対応します。また『Web サイト制作・DTP』では会社案内やパンフレットなど新規デザイン制作のご依頼も承っております。
製本まで対応可能?
対応可能です。印刷・製本をパートナー会社と協力することで、翻訳から製本・納品までワンストップで行います。

料金について

単価の決定基準は? いろいろな単価の違いは?
原文 / 訳文の言語・分野・納期・専門性・ご利用用途など、さまざまな要素から、個々の案件に応じて単価を決定します。案件によって異なるお客様のニーズを満たすため、単価が異なる場合があります。
文字数 / 単語数のカウント方法は?
原文の文字数または単語数を基準に料金を設定しております。翻訳後のスタイルに左右されず、金額が確定するので明確です。
予算が限られているのですが…
文書のご使用用途や、お客様のご予算に応じて、ドラフト / スタンダード / ハイクオリティの 3 つの仕上げレベルをご用意しています。お客様のご要望を伺った上で、最適な翻訳サービスをご提案します。詳しくは『仕上げレベル』をご覧ください。
定期的な / 分量の多い翻訳について、割引は可能ですか?
はい、数量割引もご提供しております。弊社営業担当が詳しくお話を伺い、綿密な打ち合わせの上でご提案させていただきます。
同一単語や同一フレーズが多い原稿の場合は、料金は安くなりますか?
繰り返し分の量や率に応じたお値引きが可能です。
ネイティブチェックのみ場合の料金を教えてください。
チェック対象となる文章の翻訳レベルによって修正量が変化するため、まず原稿を確認の上、料金をご案内します。概算料金は『ネイティブチェック料金表』でご確認いただけます。

品質体制について

品質管理プロセスは?

社内の常駐翻訳者(日本人バイリンガル・英語ネイティブ)をはじめとする翻訳者、チェッカー、リライターがチームを組んで翻訳を行っております。品質はもちろんのこと、お客様の急なご要望やお問い合わせなど、スピードの面でもご希望に沿えるよう努めております。ご納品後の内容に関するご質問や修正のご希望にもご対応しておりますので、アフターケアも万全です。詳しくは『品質体制』をご覧ください。

また、当社では、翻訳の品質基準を定める国際規格である ISO17100 を取得しております。

機械翻訳の品質や精度はどうですか?
実績のある翻訳エンジンを使用しています。また、プロの翻訳家によるポストエディットのプロセスを加えることで、品質を高めることが可能です。分野などよって精度が異なりますので、詳しくは担当にお問合せください。機械翻訳に関する詳細は『AI 自動翻訳サービス』をご覧ください。

その他

機密保持が心配です。
すべての作業担当者と事前に必ず機密保持契約書を締結しておりますので、安心してご利用ください。必要に応じてデータファイルをパスワードで管理したり、お客様と機密保持契約を結ばせていただくこともできます。ご希望の際は担当者にお申し付けください。
TO PAGETOP