Brainwoods Staff Blog

2017年社員旅行の写真集

こんにちは、マーコム部のアルです。 スタッフブログで何度か紹介したことがあるので、ご存知の方も多いかもしれませんが、弊社では年一回、秋に社員旅行を実施しています。 今年11月3日の三連休中に、一泊、神奈川県にある湯河原に行ってきました。 ちょうど台風が通った次の週でしたが、あまりに天気が良く、晴れていたので、実は少し暑かったです。 久しぶりに東海道本線を走る踊り子号に乗ることができたので、乗ったらすぐ旅の気分になりました。 私は作家として身を立てようと思ったことが一切無くて、言葉が下手なので、代わりに撮った写真を一部紹介します!

だんしゃりばんばん

今さら感はありますが、『モノを持たない暮らし』に憧れて断捨離を実行中です。 本やテレビでミニマリストの方たちの部屋をみていると、布団とシャツ3枚しかない・・・なんて人もいて、流石にそこまでストイックにやる覚悟もなく、とりあえず目についたものを脳内で「いる」「いらない」の仕分けをしては、「いらない」ものを片っ端からゴミ袋に放り込む。そんな作業を毎日ちょこちょこ続けています。 中には簡単には仕分けられない、手強い輩も出てきます。滅多に使わないけど、イザというときあると便利な生活雑貨類。ほとんど着ることはないけど、まだ着られる衣類。もう読んだけど、また読むかもしれない本・雑誌類。どれもこれも売れるほどの価値もなく、捨てるほど傷んでもいないもの累々。 迷ったときは、普段視界に入らない押入れの一角にしまって、一定期間寝かせてみます。寝かせている間、思い出すことがなければ「いらない」確定です。不思議なもので、寝かせたものは9割以上の確率で「いらない」判決が下されます。実際に捨ててしまって後悔したことも今のところありません。迷っている時点で、すでになくてもいいものなのかもしれません。 ものが少なくなると不安になる、さびしい感じになるという人もいますが、私はむしろ清々しい気分になります。大げさかもしれませんが、新しいもの、未知なことを受け入れる意欲と余裕が生まれる気がします。同時に、今まで頭を悩ませていた日常の様々な物事が、些末なことと思えるようになりました。何より、ゴミ袋に放り込むという捨てる行為自体がストレス発散になっています。 ですが最近、捨てるものが日に日になくなってきてしまい、それが逆にストレスに感じてしまったりなんかして、やはり何でもいいことづくしとはいかないようで… 古橋

そうだ、京都に行こう。

こんにちは。京都支店の朴です。朝晩の気温が低くなり、秋を感じる季節になってきました。せっかくなので、今日は私が昨年訪れた、京都の紅葉お勧めスポットを紹介したいと思います。 三千院 訪れた時期は11月上旬で、まだ緑の方が多かったのですが、京都では有名な紅葉名所です!(実は桜も有名ですよ)京都市内からバスで1時間ほど離れた場所にあるので、三千院の周りは自然豊かで、とっても落ち着きます。 また、可愛い「わらべ地蔵さん」たちがいますので、是非、探してみてくださいね。 都会を離れて落ち着きたい!という方にお勧めです。 比叡山延暦寺 まず、行き方ですが、八瀬駅からケーブルに乗って比叡山頂で降ります。そこから約30分、登山道を歩いて行ったのですが、山から見る景色はとってもキレイで、30分くらいは疲れないと思います!比叡山頂から秋をたっぷり感じることができます。写真は11月中旬ごろ撮りました。 嵐山 鉄板の紅葉スポットですね。昨年12月上旬に訪れたのですが、まだまだ紅葉を楽しめることができました。渡月橋の近くにアラビカ京都というカフェがあります。そこでコーヒーを買って、紅葉を楽しむのはいかがでしょうか。

Page 1 of 11