Brainwoods Staff Blog

社員旅行のススメ ~part2~

長らくお待たせいたしましたが、ブレインウッズ社員旅行2日目の様子を、引き続き映像翻訳部の井上がお届けしてまいります。 社員旅行山梨編は、1日目に続いて2日目も晴天に恵まれました。思えば過去5~6年、ブレインウッズで社員旅行なる行事が始まって以来、雨が降った記憶がありません。当社の日頃の善行の賜物ということにしておきましょう。そうしましょう。 朝から温泉に浸かってご満悦の我々は、前夜の飲み会のハングオーバーもなく、「プレイン(ブレインでなく)ウッズ様御一行」の看板を後にし、バスで某登美の丘ワイナリーへ。 そういえば、なぜかブレインウッズには、お酒関連の翻訳案件が比較的多く舞い込みます。これまでも、ワイン、焼酎、日本酒、リキュール、バーボン、スコッチ、ウイスキーと、様々なお酒のWeb、パンフレット、字幕、吹き替えの翻訳を行ってまいりました。お酒の翻訳と言えばブレインウッズ! ぜひお見知りおきを。 早く美味しいワインを試飲したいわ、とワクワクしていた我々に、またしてもトラブル発生。申し込んでいるワイナリーツアー&テイスティング体験の終了時間が、旅行会社からもらった旅程表と違う…? このままでは、ランチの山梨名物ほうとうが食べれられない…! あわてて旅行会社の担当者に電話するも、つながらず。断腸の思いでほうとうをあきらめ、上手くいけば予約不可だったワイナリー併設のレストランに入れるか? という出たとこ勝負に。 ともあれ、甲州の山のてっぺんに広がるワイン畑を目で堪能し、山梨が誇る甲州ワイン5種を舌で堪能した挙句、お酒が苦手な後輩のワインまで意地汚く飲み干した(のは私だけ)我々は、すでにほろ酔い加減。すっかりいい気分でワイナリーのレストランにいざ出陣!…するも、「満席です。お待ちの方が◯名いらっしゃいます」とあえなく返り討ち。 やっと電話のつながった旅行会社の担当者が、団体で入れる他の食事処を手配すると申し出てくれたようだが、標高のせいか電波状態が悪く、ほとんど意思疎通不能。困り果てた我々の前に、恵みの軽食スタンドが! もうこれでいいか。ということで、ピザやソーセージ、ピクルスなどの食事(ツマミ)を注文。急に現れた団体からの大量注文に、小さな売店のキッチンは大わらわ。我々のせいで、作り置きが全てなくなり、うしろに並んでいた不幸な人々は大層待たされる羽目になったとか。さらに、隣のお土産屋さんからワインを数本仕入れてきて、なぜかランチ宴会スタート。富士山とワイナリーを望む絶景スポットで、図らずも楽しいひと時となりました。 さて、すでに千鳥足の数名を含む一行が最後に向かったのは、かの桔梗信玄餅で有名な桔梗屋の工場。信玄餅やその他の商品が作られる様を意外なほど興味深く見学し、そのあとは下の販売店でお土産をゲット! 山梨に詳しい通訳部N部長の事前情報により、新製品の信玄プリンをマストで購入。これ、美味しいです。信玄餅の風味ときな粉感を受け継ぎつつ、濃厚かつしつこくない、なめらかな舌触り。山梨へお越しの際は、ぜひご賞味ください。 こうして、バスは再び石和温泉駅へ。実は、もともと16人乗りのマイクロバスを手配したのが、バス会社の都合で、40~50名乗りの大型観光バスに変更になっていたのです。おかげで、しこたまワインを頂いた我々は、1人2座席ぶんをしっかり占領して、道中爆睡することができたのでした。これは、嬉しいハプニングですね ^_^ そして、急な予定変更にも柔軟に笑顔で対応してくれたバスの運転手さんに感謝。我々も、お客様からこんなふうに思われるサービスを常に提供したいものです。 さて、以上がブレインウッズ2013年社員旅行の顛末です。再三のトラブルに見舞われながらも、振り返ってみれば、なかなか楽しい旅でした。 「いやあ、社員旅行って、本当にいいものですね」 それでは、「さよなら、さよなら、さよなら」

社員旅行のススメ ~part1~

2013年10月12~13日、毎年恒例のブレインウッズ社員旅行に行ってきました。 今年の行き先は山梨県石和温泉。 特急列車で山梨へ行き、現地ではバスで周遊という、平凡かつ順調…のはずだった社員旅行の様子をご紹介します。プレゼンターは映像翻訳事業部の井上がつとめさせていただきます。 例年どおり、ビールとつまみを買い込み、新宿から山梨行きの特急「かいじ」へ意気揚々と乗り込んだブレインウッズスタッフ一同。早々にアルコールが入り、ふわふわした気分で窓の外に目を向ければ、あっという間に景色は灰色のコンクリートジャングルから濃緑の山脈広がる田園風景に。空の青さとの見事なコントラストに見とれていたのも束の間、誰かの「次だよ」の声でわたわたと荷物をまとめホームに降り立つと…… 「あれ?ここどこ?」 なんと我々は目的地の石和温泉駅ではなく、一駅手前の山梨市なる駅に降り立ってしまったのです。 石和温泉駅で我々を待っているバスの運転手さんと連絡をとろうとするも、事前に旅行会社から伝えられていた携帯電話番号に出たのは担当ではない運転手さん。自分は分からないからバス会社に問い合わせてくれと言われて従うも、会社の電話には誰も出ず。とりあえず、やって来た普通列車に乗り込んで、10分遅れで石和温泉駅に到着。「ブレインウッズ」のプラカードを持って不安気な顔で佇む本当の担当運転手さんと喜びの対面を果たし、最初の行程であるぶどう園へ。 BBQとぶどう狩りを楽しめる園内で肉を貪り、ぶどう狩りという名の「狩ったぶどうは全部食べないと帰れまテン」からようやく抜け出そうというとき。 「お姉ちゃん、背高いね~」 175センチの長身モデル体型を誇る我が映像翻訳部エースのNさんに、金持ち父さん風の中年男性が猫なで声ですり寄って来たのです。 「おじさん、背高い子好きなんだよね」 直立するとぶどう棚から頭が突き出てしまうNさんの横に並び、ちゃっかりツーショット写真を撮ってもらってご満悦のおじさん。おもむろに財布から1000円札を取り出し、 「食べ放題のぶどうより、あっちの持ち帰り用のぶどうのほうがおいしいんだよ」と、お土産ぶどう1パックをNさんに持たせ、颯爽と去って行ったのでした。 気を取り直し、次の行程は昇仙峡。修行中の男が怪我をしたフクロウを介抱し自らの食べ物を与えたところ、神様が男を仙人にしてくれた、という伝説の山。 ロープウェイで頂上までを往復し、日本の滝100選に名を連ねる仙娥滝を見物して1日目の旅程は終了。一行は宿泊予定のホテルへ。 立派なホテルで我々を出迎えてくれたのは、美しい筆致で書かれた、 「プレインウッズ様御一行」 の文字。 ブレインではなくプレイン。Plane… 飛行機? Plain… 平野? 分かった、大草原の小さな森だ。 それとも、plain wood…白木? はたまた、plane woodsで、木をカンナがけをする、という意味? 翻訳会社だけに、言葉遊びの妄想も広がります。 宿帳にはちゃんと「ブレインウッズ」と書かれていたから、旅行会社の連絡ミスではなさそう。なぜこんなことに……? 頭をひねりつつ、待ちに待った夕食の会場へ足を運んだ我々が目したのは、またもや「プレインウッズ様」 ああ、ホテルの筆耕さんが近眼(老眼?)だったのね、とスッキリした我々は、美味しい晩餐に舌鼓を打ったのでした。 ……「社員旅行のススメ ~part2~」へ続く。

字幕翻訳のいろは

はじめまして。映像翻訳部の水沼です。 今日は私たちの部署でやっている字幕翻訳についてご紹介したいと思います。 字幕や吹替えと聞いておなじみなのは洋画ですよね。 でも、弊社では、企業紹介ビデオや研修ビデオなど、一般の企業様からのご依頼も多数いただいています。 字幕をつけるプロセスはこんな感じです。 1.お客様から映像をもらう(ファイル転送サービスを通じて、データでいただくことが多いです) 2.台本がない場合は、書き起こしをする 3.映像形式を変換して、専用のソフトウェアを使って翻訳をしていく 右のウィンドウに文字を打ち込むと、すぐに左側の映像内に文字が現れます。 表示時間と文字量のバランスや、表示位置も確認して、読みやすい字幕にしていきます。 4.訳文を別のスタッフがチェック(対訳チェック) 5.最終チェック(翻訳済みの字幕をチェック) 6.チェック用映像の制作 ブレインウッズでは、字幕を焼き付ける前に、必ずお客様に確認をお願いしています。 7.お客様のご希望を反映 8.字幕を映像に焼き付け ブレインウッズでは、映像編集ソフトを使って制作します。 左側が元映像、右側が字幕を入れ込んだ映像です。 映像に編集を加える場合も、このソフトを使います。 9.お客様のご希望通りの形式で制作して、完成です! いかがでしたか? 上記でご紹介したのは一般的な字幕制作の流れです。 医療など専門性が高い分野では、その分野専門の翻訳者が翻訳をしてから、字幕スタッフが字幕用に文字数等を調整することも多いです。 また、焼き付けまでいらないというお客様には、タイムコード入りの翻訳済み原稿をご納品することもあります。 ちなみに、実際の動画は、弊社のwebサイトでご覧いただけます。 映像翻訳サービスの実績紹介ページの下部でご覧いただけますので、ぜひご覧ください。 字幕翻訳をご入用の際はぜひお問い合わせください。 詳細はこちらから!

ギョールとパーリーでストゥを食べる!?

こんにちは、ブレインウッズ翻訳事業部の本領です。 翻訳に携わっていれば、自然と言葉のうつろいに気が向くもの。 最近ではオノマトペの認知度に世代間で違いがあるなんてニュースがありましたね。 なんでも「ざっくり」という言葉、20代の方はよく使っていると思いますが、50-60代の方には、ほとんど意味が伝わらないとか。 少し前にはTV局がカタカナ表記の多用で提訴されるなんてニュースもありました。 確かにせっかくの日本語、出来るだけ使って欲しいと私も思います。 外来語をわかり易く綺麗な日本語に翻訳するというのも、翻訳の腕の見せ所かもしれませんね。 とはいえグローバル化が進む昨今では、ある程度のカタカナ表記の使用は止むを得ないところ。 日頃から慣れておく必要はあるでしょう。 さて、そんなカタカナ表記、全国で共通の表記が使われているかと思いきや、いやいや、そんなことはないんです。たま~に独特な表記をする地域があります。 そのひとつが沖縄です。 ご存知のように、戦後米軍統治下におかれた沖縄は、外来語の流入も早く、おじぃおばぁでも平気でカタカナ英語を使いまくります。そしてそのカタカナ英語が本土と少し違うんです。 いくつか例をご紹介。 「シャープ」 電機メーカーさんじゃありません。 コーヒーシャープとかサンドイッチシャープとか。「shop」のことです。 普通にお店の看板に使われています。 「パーリー」 沖縄の夏の風物詩、ビーチにビールとBBQの準備を持ち寄って… そう、「party」のこと。 「ギョールフレンド」 「girl friend」のことらしいですよ。 ちなみにgoogleで「ギョール」と検索すると、 ふた昔前の特撮番組に出てくる、 悪の秘密結社の女幹部見たいなキャラが出てきました。 …そんな友達いらない(笑) 「ストゥ」 何のことかさっぱりわからない。 「stew」です。 言われればなるほどとなる。 けれど、山崎まさよしに「ストゥを食べよう~」と歌われた日にはもう、 ホームの空気は消え去り、完全アウェーの異国の雪国を歩く道すがら、 偶然見つけたレストランでこれまた偶然頼んだ郷土料理に、 はるか遠い故郷への望郷の念を禁じえない、もはや演歌な世界観。 …表記って難しいですね。 けっして沖縄の表記が悪いということを言っているわけではないのであしからず。 むしろ沖縄大好きです。 今まで日本語になっていない言葉の表記をどうするかというのは、 翻訳作業中でもよくあって、なかなか悩ましいところです。 そんな時はクライアントとお打ち合わせをしながら、用途や意味の伝わり方などを考慮しつつ、表記を決め込んでいきます。 アルファベット表記のまま残すか、カタカナ表記にするか、日本語に訳出するか… そんな悩みをお持ちの方、ぜひぜひブレインウッズにご相談くださいませ! お問い合わせはこちらから!

Page 1 of 11