Brainwoods Staff Blog

ゴルフ用語よもやま話

翻訳事業部の小林です。気づけば今年も9月となりました。この夏は天気が不安定でしたね… 雨や忙しさを言い訳に、ブレインウッズマラソン部は相変わらず月1~2回程度で細々活動しております。 しかしいつも部のあとにプチ飲み会をするため、カロリーはプラスマイナスゼロどころかプラスに…。 そんな中、ちょっとこれまでやったことのないことを始めようと思い、私、ゴルフレッスンに通い始めました! 今はとにかくボールがまっすぐ飛ぶよう、ひたすら練習中です。 腕ではなくて下半身の使い方が重要だそう。早くコースに出られるように頑張ります! そして打ち方だけでなく、ルールも勉強中です。 突然ですが、みなさんは、「バーディ」という言葉を聞いたことがありますか? これはゴルフで、1ホールの規定の球数より1打少ない数でボールをカップに入れることを指します。 ゴルフをテレビなどで少しでも見たことがある人は、ご存知かと思います。 では「バーディ」って何の意味でしょう? 英語で綴ると、”Birdie”。そう、「小鳥」という意味です。これはアメリカで使われ始めたそうで、”bird”に”excellent(素晴らしい)”という意味があることや、あるゴルフプレーヤーが規定より一打少ない数でホールインしたときに、”That was a bird of shot”といったのが由来とか。 (参照:http://www.scottishgolfhistory.org/origin-of-golf-terms/bogey/) 面白いのは、球数が少なくなるごとにやはり呼び名があるのですが、それらも鳥の名前がついていること。 規定より2打少ないと「イーグル(鷲)」、 規定より3打少ないと「アルバトロス(アホウドリ)」 規定より4打少ないと「コンドル」 規定より5打少ないと「オーストリッチ(ダチョウ)」となります。 少なくなるごとに、大きい鳥になっていくわけです。 「コンドル」「オーストリッチ」はかなりレアです。 さらに調べると、「アルバトロス」はどうやら主にイギリスで使われるようで、アメリカでは「ダブルイーグル」というそうです。 アメリカの国鳥が鷲(イーグル)なので、こだわりがあるんでしょうね。 (そもそも「イーグル」はアメリカで使われ始めたようです。) これ以外にも面白いよもやま話がたくさんありますが、今回はここまで。 ブレインウッズでは、スポーツ、フィットネスに関する文書・映像の翻訳も行っております。 (ゴルフについての雑誌記事や、ゴルフクラブの説明書などの実績もございます!)幅広い分野・文書に対応しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

Page 1 of 11