Brainwoods Staff Blog

あやしい日本語、スボツノス・サノツ

映像翻訳事業部の宮入です。ここ数カ月、社会や生活が大きく変わりつつありますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。コロナ禍前の生活と今の生活にギャップを感じている方も多いのではないでしょうか。私は感染症流行の前はよく韓国へ旅行をしていたのですが、今は簡単に入国できなくなってしまいちょっと悲しいです。今回は今までの韓国旅行で撮ったちょっと変な日本語の写真を 3 つ紹介します。 ソウルには日本料理店も多く、日本語をたくさん見かけます。しかし、ときにはあやしい日本語を見つけることもあります。 例えば、食堂が並ぶ通りでみつけたあやしい日本語。 上の「まどろめば」の正体も気になりますが、下のトッポッキも思わず注文したくなりませんか?う〜ん、なるほど… サウナで見つけた気になる部屋。 鼻かく部屋…。多分いびきをかく人専用の睡眠室なのですが、まさか鼻がムズムズする時に入っていって、誰にも見られないようこっそり鼻をかく部屋…じゃないですよね? 1 番のお気に入りは散策中に見つけた看板です。 スボツノス・サノツ、まるで SF 映画に出てくる悪役の名前ですね。これは流石に日本語だけでは何が書いてあるのやら…。 どうやってその表記にたどり着いたのか考えるのも、あやしい日本語の楽しみ方のひとつです。一体全体、なぜスポーツ・マッサージがスボツノス・サノツになってしまったのか。私の見解はこうです。 よく見ると「スボツノス」の直後の「ツ」の一部が剥がれている。よって実は 「スボツノス・ツサノツ」である。 次に、「ー(長音符)」とカタカナの「ノ」を取り違えてしまった。よって 「スボツース・ツサーツ」である。 5番目の「ス」は「マ」と書いたつもりだった。 「スボツー・マツサーツ」 末尾の「ツ」は「シ」と書いたつもりだった。 「スボツー・マツサーシ」 濁点・半濁点がちょっぴり苦手だった。 「スポツー・マツサージ」と書くつもりだった。 「スポツー・マツサージ」 ここまでくれば、繰り返し読んでいるうちに「スポーツ・マッサージ」が頭の中に浮かびそうです。外国語って、ちょっとした間違いが重なると、まったく意味の通じない言葉になってしまいますよね。もしかしたら自分が発した言葉も、知らない間にスボツノス・サノツに化けているかも…。 さて、スボツノス・サノツに関する皆さんの見解はいかがでしょうか。ご意見お待ちしております。

ことばが伝えるもの

こんにちは。翻訳事業部の春日です。 あっという間に年末ですね。この時期になるとあちらこちらで年末商戦が始まり、何を買おうか迷っている方も多いのではないでしょうか。中には、各ブランドの華やかなクリスマスコフレに心を踊らせている方もいるかもしれません。 ブレインウッズでは化粧品を含むファッション系の翻訳も多く手掛けています。 「実務翻訳」というと、契約書などのかっちりした文書のイメージがありますが、実際にはクリエイティブな翻訳も数多く含まれており、ファッション系文書がその一例です。 私の中で翻訳とは、「情報を伝える翻訳」と「心を伝える翻訳」の2種類があります。 ①情報を伝える翻訳:マニュアル、契約書など、客観的事実を頭に届ける。 ②心を伝える翻訳:ブランドストーリー、製品コピーなど、作り手や書き手の想いを心に届ける。 ①の方は、不要な装飾を入れずに原文に則った訳出が必要になりますが、②はその逆となります。書き手の思考の流れを文書化したようなテキストが多く、字面のまま訳出すると逆に伝わらないため、意味を把握した上で訴求性のある言葉を自ら探して割り当てる必要があります。その中で私が心がけていることの一部を、化粧品コピーの英日翻訳を例にとって紹介します。 (1)「魅力的」は抽象的 製品をアピールするにあたり非常によく使われるのは、attractive、alluring、charming、seductiveなどの「魅力的」という意味の単語。もちろん「魅力的」で間違っていませんが、具体性に欠け、逆に良さが伝わりにくくなってしまうのがこの言葉の落とし穴です。人を惹きつけるためには、どのような魅力があるのか(華やかな印象にしてくれるのか、肌を明るくしてくれるのか等)まで踏み込んで表現する必要があります。文の流れを把握した上で、「心を惑わすような」や「すい込まれるように魅惑的な」など、自分がその製品を使えばそんなふうになれるかも…と、感じさせることが大事だと考えます。 (2)表現も検索する 訳したもののなんかこなれていない…、と感じる時は、迷わず既存の表現を参考にしています。自分の表現に対して、ダブルクォーテーション(””)やワイルドカードを併用したりすると、よりしっくり来る表現が見つかることもあり、例えば「”みずみずしく*な肌” 美容液 エイジングケア」で検索すると、現時点で138,000 件ほどヒットします。 (3)表現の賞味期限を把握する 情報収集や表現の幅を広げるために雑誌やSNSを活用している方もいると思いますが、中には流行りすたりがある言葉があったりするので使う時期には注意が必要です。例えば去年一昨年あたりに、血色感のある表情に「上気」が使われていましたが、最近は見かけない気がします。 読み手の気持ちにどこまで寄り添えるか、どこまで想像力を働かせられるかというのが、心を伝える翻訳の醍醐味だと思います。使い方しだいで人の心をさまざまに揺り動かす、そんな言葉が持つ力の面白さを感じる日々です。

A Quest to Improve My Translation Skills

Hello, my name is Joel. I’m an in-house translator at Brainwoods. I moved to Tokyo from the UK almost exactly 4 years ago. Today I’d like to talk to you about my new hobby. For the last 3 months I have been playing Dungeons and Dragons (DnD). Some of you may have heard of this from the TV show Stranger Things, in which the young characters liken the terrifying creatures they face in real life to monsters from the game. DnD is a table-top role playing game (TRPG) created in 1974 and is the father of all modern role playing games, from Wizardry through to Dragon Quest and Final Fantasy. In DnD, players take on the role of classic heroes such as warriors, wizards, monks or clerics, and sit around a table to tell a story together. The gamemaster narrates the scene, we players describe our actions, and dice determine the outcome. In my recent game, we were tasked with recovering a powerful magic item and destroying a rogue automaton. We promptly set about gathering clues to track down the whereabouts of our quarry. This lead to the infiltration of a corrupt politician’s manor through the sewers and a deadly battle with their hired thugs and finally the automaton itself. Not only do I enjoy the camaraderie of working together with the other players at the table, but smashing the automaton with my warhammer while dodging magic missiles from evil mages makes for great stress relief! As I live in […]

地元・長崎の紹介 ~オランダ・中国・ポルトガルとの親交~

こんにちは。通訳事業部の石橋です。今回は、私の地元・長崎県についてお話ししたいと思います。 まずは、実家の近くにあるハウステンボスの様子をご紹介します。年末に遊びに行った際のイルミネーションの様子です。我ながら、とても良い写真が撮れたと思います…!オランダの街並みを意識して作られたテーマパークなので、日本にいながらオランダの雰囲気を味わうことが出来ます。 次に、長崎ランタンフェスティバルの様子をご紹介します。中国の旧正月にあたる時期に毎年開催されている恒例行事です。長崎中華街が非常に盛り上がります。こちらも良い写真が撮れたと思うのですが…いかがでしょうか? 長崎はオランダや中国との親交が深く、上記がそれを象徴する代表的な例だと思います。また、ポルトガルとの親交もあり、カステラはその有名な例だと思います。カステラの語源は、ポルトガル語のpão de Castellaだと言われています。(※諸説あり) ちなみに私は大学時代、ポルトガル語を専攻しておりました。授業の中でも、カステラのような例について取り上げられることが多く、大変興味深いと感じました。以下、他にいくつかの例を挙げます。(※諸説あり) botão⇒ボタン confeito⇒金平糖 capa⇒合羽 carta⇒かるた 音が似ていて大変面白いと感じます。ちなみに、皆さんはビードロをご存知でしょうか。長崎の名産品の一つで、別名はポッピンです。こちらもポルトガル語のvidroが語源だと言われています。息を吹くとペコペコと音が鳴り、見た目も非常に美しいです。長崎にお越しの際は、お土産に一ついかがでしょうか? 最後までお読み頂き、ありがとうございました。是非、皆さんも一度、長崎まで足を運んで頂ければと思います!

韓国語と日本語の魅力 ~言葉の響き、形~

こんにちは。翻訳事業部の金と申します。 私は小さい頃から他の言語を学ぶのが好きでした。 テキストを見て学ぶよりも、実際に人が喋るのを見て真似してみたり、 テレビや映画を見て気に入った響きのセリフをそのまま繰り返してみたり、 その言語を知れば知るほど、その国や国の人とも距離が縮まるように感じられるのが楽しかったです。 言語は、その国が歩んできた歴史、住んでいる人々の価値観や文化を反映するものだと思います。 自分の母国語である韓国語と、母国語と同じくらい大好きな日本語について、話してみたいと思います。 韓国語はハングルという文字体系を1つ覚えておくと、 基本的に読み、書きはすべてできるようになります。 意味は分からなくても読める!までにはできるようになります。 日本語はひらがなとカタカナ、漢字という3つの文字体系を覚える必要があります。 ただ、韓国語には意味を区別するため、スペースをあけるのが必要で、 나는 고양이보다 강아지가 더 좋아. 私は 猫より 犬が もっと 好き。 →日本語で同じく表すとこのようにひとつの意味伝達が終わった時点でスペースを空けるのです。 私は韓国人と日本人の性格的な特徴も言語に込められていると思います。 比較的に素直で直線的な表現を好む韓国では、 ~と思います、~の方が望ましいですなどの余地を与える語尾はあまり使わないです。 ~です、~が良いですのようにはっきり意志を伝える語尾が会話でも文章でも多く見られます。 私は、韓国にいるときは表現の仕方が日本ぽいとよく言われることが多かったのですが その理由はおそらく、遠まわしの表現を使っていたからではないかと思います。 最後に響きがすきな韓国語と日本語をあげてみたいと思います。 【韓国語】 물결(Mulgyeol): 波 구름(Gooreum):雲 사랑(Sarang):愛 물들다(Muldeulda):染まる 마음(Maeum):心 【日本語】 風見鶏 水色 舞い落ちる こころ 文字だけで言うと韓国語は「ㅇ」、日本語はひらがなの「る」が一番すきです。 どちらもまるまるとして発音も形も可愛いからです! これからも、韓国語と日本語の魅力をもっと知っていきたいです。 みなさんも言語を学んで好きな言語の魅力に染まってみるのはどうですか? その言語を使う国や人の魅力まで見えてくるかもしれません。 翻訳事業部 金

バカンスのススメ

残暑お見舞い申し上げます。通訳事業部の松長です。今年の夏はサウナかと思うほどの猛暑日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?私は、はい、絶賛夏バテ中です。チームのメンバーにも体調を崩している人がちらほら…。 こんな暑い日に満員電車に揺られ会社に向かっていると、前職の関係で1年程住んでいたフランスの夏を思い出します。 ご存知の方もいらっしゃるかもフランス人の有給休暇はなんと、1年に5週間!法律で義務付けられているので、どんな職業の人でも丸1ヶ月近く夏休みを取るのが当たり前です。そう、皆さんご存知のバカンス!日本のサラリーマンには考えられませんね~。うらやましい。 さて、そんなに長いお休み、何をしているのかというと…ほぼ何もしていない、が正解です。Vacancesの語源は「無、空っぽ」だそうで、その意味の通り、何もせず、のんびり、だらだら、がルールです。バカンス先はみんなこぞって南を目指すので、もはや民族レベルの大移動が起きるのですが、移動した後は、好きな時間に起きて、ご飯をたべて、本を読んだりお散歩したり、そのあとまたお昼寝して…の繰り返し。自由。 せっかく遠くまで来たんだから、もっとあちこち見て回ろうよ!と思われるかもしれませんが、日本人の旅行の感覚とは少し違うのかもしれません。忙しい仕事や街の喧騒から離れて、ココロもカラダも空っぽにして、家族や友だち、大切な人達とのんびり過ごす。なんだかとってもエネルギーチャージできそうですね! どこか出かけるとついガイド本片手に張り切って、帰るとぐったり、なんていう方は、次回の長期休暇は思い切ってバカンスしてみるのはいかがでしょうか?  

Hey y’all!

翻訳事業部の中原です。 先日1週間ほどお休みを頂き、アメリカ・ジョージア州に行って来ました。 滞在先はアトランタ空港から車で1時間半ほどの距離にあるワーナー・ロビンス。 自然豊かな場所で、場所によっては一面トウモロコシ、ピーカンナッツ、そして桃の木! さすがピーチ・ステートと呼ばれるだけあります。 人もとてもあたたかく、どこに行ってもみんな気さくに話しかけてくれて、 「サザン・ホスピタリティー(南部のおもてなし)」を感じました。 (ちなみにタイトルのy’allも、日本語の「みんな」のような、親しみを込めた言葉です) 南国鹿児島出身の人間としてはどこか親近感を感じ、 いいなぁ、皆優しいなぁとほっこりしたのも束の間。 会話を続けようとしたときにある違和感を感じました。 「おかしい…何言ってるか全くわからん」。 そう、彼らの話す南部訛りが聞き取れなかったのです。 南部のアクセントは「Southern drawl」と呼ばれ、全体的に母音が鼻にかかって引き延ばされたような響きです。 例えば、 pen→ピエン eggs→エィグズ police→ポウリース my boy→マー ボーォイ というふうに聞こえます。こんな調子で文が構成されていくと、もう何が何だか・・・。 特に50代以上の男性の多くは、訛りが強烈で、初めはほとんど聞き取れず、 同行したアメリカ人の友人に、英語を英語で通訳してもらう始末。 悔しかったですね~。 目の前の人がこんなに楽しそうに話してくれているのに、 ワンテンポ遅れてからでないと理解できないなんて。 英語にある程度自信のあった私は大きなショックを受け、次回に備えて南部アクセント習得すべく、 帰国後も映画やネット上の動画を見漁っております。 そんななか見つけたあるYouTuberの動画。 LA育ちの日系アメリカ人である井上ジョーさんが アメリカ人目線で日本のことを語ったり、英会話トリビアなどを語るチャンネルです。 井上ジョー 公式YouTubeチャンネル 以前アニメ「ナルト疾風伝」のオープニングテーマを歌っているので、 歌手としてご存じの方も多いかもしれませんね。 日本にいながらアメリカ生活を体験しているかのような感覚になるほど、 色々な話題を楽しく提供してくれています。 昔アメリカに住んでいた人には懐かしく、また、これから渡航する人には文化を予習できるかも? もしお時間があれば、ぜひチェックしてみてくださいね!

ニャーかミャウか

我が家の猫は私がニュージーランドに住んでいた際に飼った猫だったので、話しかける時はいつも日本語と英語の両方を使います。この間遊んでいた際に、彼女が発した鳴き声を真似ていたのですが、その時に英語と日本語では私の鳴き声の真似が違うということにはっと気づきました。 そこで、同じように聞こえているはずなのに、言語によって変わってくる動物の鳴き声や擬音語を調べてみました。 分かりやすくかつ大体の言語でも共通しているのが猫の鳴き声です。 日本語:ニャー、ミー 英語:meow/ミャウ(猫が鳴いていた、と表現する時は「meowing」と言います) 中国語:喵喵/ミョーミョー ドイツ語:miau/ミャオ 馬の鳴き声は違う種類が多いのですが、そもそもどの鳴き声を代表的な鳴き声として選んでいるのかによっても違いが出てきます。 日本語:ヒヒーン 英語:neigh/ネイ、またはwhinny/ウィニー ドイツ語:ヒュヒュヒュヒュー ポーランド語:Ihaaa/イハー 鳴き声以外の擬音語も。 電話の音: 日本語:プルルルル・ジリリリ 英語:Ring ring イタリア語:Drin Drin 食べる時の音: 日本語:もぐもぐ・ぱくぱく 英語:Chomp・Munch ドイツ語:Mampf いろいろ調べていると本当にたくさん種類が出てくるのですが、擬音語が多い(作りやすい)日本語は特に面白いと思います。例えば「雨の季節」がある日本は雨の強さによって擬音語の種類もたくさんありますが(サーサー、ザーザー、ジャージャーなど)、英語は1つや2つしかなく(pitter-patterなど)、後は擬音語ではなく説明文となってしまいます。 擬音語に限ったことではなく、梅雨のように国特有の現象がある場合、たくさんの表現の仕方があるのも興味深いところだと思います。 並べられている擬音語をみていると、なんだか全部その通りに聞こえてくるような、こないような。鶏の鳴き声や犬の鳴き声も面白かったので、違う言葉でペットの鳴き真似をする時にぜひ活用してみてください。 人材サービス事業部 小嶋

日本語と中国語~漢字の罠~

先日、芸能人が台湾を一周する旅行番組を見ていたところ、ガソリンスタンドのような形式で水を販売している場所があり、看板に○○「水」と記載していたため、飲料水と間違えて飲んでしまうというシーンがありました。 (実は看板に、煮沸が必要と記載してあったのですが・・・) 日本人に馴染みのある漢字は、中国語でも同じ意味を指す単語が多いため、普段あまり気にしていなかったのですが、このワンシーンを見て、同じ漢字でも意味が異なる単語があることを思い出しました。今回は、その一部をご紹介いたします。 先生 こちらは有名なので、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。男性に対しての敬称で、「~さん」という意味で、決して学校の先生ではありません。以前、とある番組で中国の方にインタビューをされているシーンがあり、その方が○○先生(さん)と話しているところをテロップで、○○先生と誤って記載されていたのを見たことがあります・・・。ちなみに、中国語で先生は「老師」です。 顔色 日本語では顔の血色を指しますが、中国語ではあらゆる物の「色彩」の意味です。 小心 気が小さい、ではなく、「注意する」という意味です。工事現場にある黄色いミニ看板(スタンド)によく記載されているので、中国に旅行に行かれた方は目にしたことがあるかもしれません。 湯 文字通りのお湯かと思いきや、実は「スープ」なんです。レストランのメニューに○○湯と書かれてあるものは、全てスープを意味しています。初めて銭湯に行った中国人が、暖簾に書いてある男湯・女湯の文字を見て、これはいったいなんだ?と驚いた方もいらっしゃったそうな。お湯がほしい場合は、「热水」と書くと伝わりますよ。 勉強 中国語では「無理やり~する」という意味です。勉強ってイヤイヤするものだったんですね~。ちなみに中国語で勉強は「学習」です。 手紙 これはそのまま伝わるのではと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。実は、これはトイレットペーパーのことです。卫生纸と記載されていることもあります。ちなみに、手紙は中国語では「信」と書きます。 上記はほんの一部ですが、探してみるとたくさん出てきますので、興味のある方はぜひ調べてみてください。 通訳事業部 河北

動物の名前の由来

みなさん、こんにちは。 翻訳事業部の髙杉です。 涼しくなってきましたが、風邪など引いていないですか? 先日、思い立って上野動物園に行ってきました! 話題のパンダは就寝中でお顔を見られませんでしたが、色々な動物から沢山のことを学びました。 暇さえあれば生き物の不思議について調べてしまう今日この頃ですが、今回は動物の名前について紹介します。 みなさんが、子どもの頃から聞いて育った動物の名前。 疑問を持たずに覚えてしまっていると思いますが、そのカタカナ表記の言葉は、それぞれの動物が昔から暮らしてきた地に語源を持つことが多いようです。 以下、外国語に由来する動物名を調べてみました。 ・カンガルー:オーストラリアの言語でgangurru(ガングルー「跳びはねるもの」) ・コアラ:オーストラリアの言語で「水を飲まない」 ・ラクダ:中国語で駱駝(たくだ、「荷物を背負う動物」) ・アルマジロ:スペイン語でarmado(アルマード「武装したもの」) いかがですか? どれも動物の見た目の特徴や、人間からの役割を表す名前を付けられたようですね。 あとここでご紹介したいのが、「カルピンチョ」という名前。 なんだか可愛い響きですよね。 これは、ブレインウッズにもファンが多い、あのカピバラさんのスペイン語表記です。 カピバラ自体の名前の語源は南アメリカのグアラニー語の「Kapiyva」(草原の主)のようですが、このカルピンチョという呼び名、私はどうも忘れられません。 このように、身近にあるものでも、語源を辿ると興味深い発見が多いと思います。 みなさんもぜひ、調べてみてくださいね。