通訳会社ブレインウッズ | 同時通訳、会議通訳、商談通訳、セミナー通訳等の通訳者派遣

Logotype
The multilingual services provider
通訳サービス

同時通訳

同時通訳とは

通訳者が話者の発言を聞きながら、ほぼ同時に通訳する方法です。話者は通訳のために話を区切る必要がありません。視聴者が複数の場合は、マイクや受信機(レシーバ)、通訳者専用ブースなどの通訳機材・機器を用いて行います。

このような場合にご利用ください

限られた時間と会場で多くの情報を発信したい・・・セミナー、シンポジウムなど

  • 外国語による講演や質疑応答の内容を参加者に伝えたい
  • 日本語による講演や質疑応答の模様を海外からの参加者や講演者に伝えたい
  • 外国語による公開討論会の模様を参加者に伝えたい

会議や商談の進行をスムーズにしたい・・・社内会議、研修、商談など

  • 日本人による会議の進行を外国人オブザーバーに伝えたい
  • 日本人同士の商談の内容を外国人スタッフに伝えたい
  • 外国語による商談の内容を日本人上司に伝えたい
  • 来日している外国人従業員に業務の説明や商品・技術の研修をしたい
  • 外国人上司や役員にプレゼンテーションをしたい

同時通訳には2通りの方式があります

同時通訳

発言者はマイクに向かって話し、通訳者は専用の同時通訳機材を利用してヘッドフォンからその発言を聴き、通訳者専用のマイクから通訳言語の音声を送ります。リスナーはその音声を専用のレシーバ(受信機)で聴くことができます。

ウィスパリング

発言者の言葉を1~2人の聞き手の耳元で通訳します。簡易送受信機等を使用して複数の聞き手に対し同時に通訳内容を伝える場合もあります。

通訳者の人数

同時通訳は、高度な技術と集中力が必要なため、長時間連続して通訳が必要な場合には、複数の通訳者が交代しながら対応するのが一般的です。1名の同時通訳者の連続通訳可能時間は、だいたい10~15分程度です。会議やセミナー等で長時間にわたり通訳が必要な場合は、2~3名で対応します。

同時通訳と逐次通訳の組み合わせ

プレゼンテーションを同時通訳で伝え、参加者からの質問やコメントについては逐次通訳を利用することも可能です。また、商談の際は相手方の発言時のみ、同時通訳やウィスパリングを用い、お客様側の発言内容は逐次通訳を利用するという方法もあります。時間を節約しながら、発言内容を確認し、より正確にコミュニケーションをとることができます。

通訳関連資料のご提供について

プレゼンテーション資料、発表原稿等、関係資料は必ず数日前にご提供ください。通訳者は各言語のプロですが、各通訳案件の内容に関しては、発言者の方々や参加者の方々ほど具体的な情報を把握しているわけではありません。また、業界用語・社内用語は部外者には把握が難しい場合もあります。事前情報がない状態で通訳業務を行う場合と、予めどのような内容について話が進むのかがわかっている場合とでは、通訳の質に明らかな差が出ます。情報・資料をご提供いただくことによって、通訳者はより質の高い通訳業務を遂行することができます。

事前打ち合わせについて

各スピーカーの方と通訳者との事前打合せをお願いしています。通訳者には次の事項をお知らせください。

  1. 話のポイント
  2. キーワード、用語の確認
  3. 話し方(スピード・テンポや間のとり方など)、時間配分

ご相談ください

当社はこれまで、次のようなお客様からのご要望にお応えしてきました。

「機材費の負担が大きい。通訳者ブースを設置するほど大げさにしたくない」

ブースを設置するスペースがない場合や、会議の性質上目立つようなブースの設置を避けたい場合には、簡易型の同時通訳機材を使用する方法があります。お客様の目的やご予算に合わせ、最も適した通訳方法をご提案いたします。

「運営に注力したい」「講演に注力したい」「会議に集中したい」

弊社の担当者がお客様と直接事前打合せを行い、ご要望に応じて、当日は通訳者の他、弊社担当者も立ち会います。スピーカーとの事前打合せの調整や追加資料の受け渡し、当日の急な変更への対応など、当日の運営をサポートします。

同時通訳の実績例

  • 医療セミナーでの同時通訳
  • 日系大手企業のグローバル会議での同時通訳
  • 化学技術に関するシンポジウムでの同時通訳
  • 外資系IT企業の技術会議での同時通訳
  • 外資系アパレルブランドの記者発表での同時通訳
  • シンポジウムでの視察随行時の同時通訳
  • 電機機器関連の講演会に於ける同時通訳
  • 大手メーカー研究部門のグローバル会議での同時通訳
  • 公共インフラに関する学会プレゼンテーションの同時通訳
  • 日系自動車メーカーでの社内研修に於ける同時通訳

同時通訳料金例

以下の例は概算です。実際の仕様により変動します。

合計(税別) 1,406,000円
A. 2日間(1日8時間)、参加者50名の国際会議、同時通訳者3名
通訳料金@100,000円×通訳者3名×2日間 600,000円
通訳機材費(50名分+同時通訳機材一式) 800,000円
交通費 6,000円
合計(税別) 790,000円
B. 5日間(1日4時間)、参加者10名の社内研修、同時通訳者2名
通訳料金@68,000円×通訳者2名×5日間 680,000円
通訳機材費(10名分+簡易同時通訳機材一式) 100,000円
交通費 10,000円
合計(税別) 150,500円
C. 半日2日間の講演会に5名の外国人オブザーバーが出席する場合
通訳料金@68,000円×通訳者2名×半日(2時間) 136,000円
通訳機材費(5名分+同時通訳機材一式) 12,500円
交通費 2,000円
  • 上記の料金は、税別表示です。交通費を除く料金には、別途消費税を申し受けます。
  • 別の日程で事前打合せを行う場合は別途料金を申し受けます。
  • 出張を伴う場合は、移動拘束費、日当、宿泊費、交通費を別途申し受けます。
  • 案件内容によって、別途管理費(10%)を申し受ける場合がございます。

通訳に関するご不明点は、
お気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ

bwsinquiry2@brainwoods.com

お電話でのお問い合わせ

03-3405-7877【受付】平日 9:30-18:00
※ 当日および翌営業日の通訳は承っておりません。
お見積依頼 お問い合わせ