Brainwoods Staff Blog

神宮外苑花火大会

こんにちは、企画営業部の中島です。 今年も、神宮外苑花火大会が開催されました。 毎年、弊社事務所の屋上から、正面に上がる花火を楽しんでいます。 今年も、1万発の花火が打ち上げられるとあって、楽しみにしていたのですが。 当日は、午後から雨が降り続く、生憎の空模様。 それでも、普段の行いのせいでしょうか。 開始の数時間前には、雨も上がり、西の空にはきれいな夕焼けが見えていました。 これは、もしかしたらと思い、東の空に目をやると・・・、 くっきりと弧を描く虹がでていました。 年を重ねると、段々感動することも少なくなりますが、やはりきれいですね。 美しい光の線が頭上に大きくかかる様は、いつ見ても感動です。 ついつい、いつまでも見続けたいと思ってしまいます。 技を極めた職人の手でつくられた花火も素晴らしいですが、 自然がつくりだす光景もいいものですね。 花火のように派手さはないけれど、 静かに凛としてたたずむ虹を見ていると神々しささえ感じてしまいます。 肝心の花火はとういうと、湿度が高かったためでしょうか、 打ち上げた花火の煙がその場で滞留してしまって、ほとんど姿が見えません。 音を聞いて、想像するしかない大会でした。 花火はあまりよく見れなかったけれど、虹を見ることができたので、良しとしましょう。

表参道といえば…???

流行を発信する街、表参道にブレインウッズはオフィスを構えています。 周辺にはおしゃれなカフェやレストランが軒を連ね、 「今日はどこのランチにしようかしら?」と方々に足を伸ばす…。 私も入社する前はそんな姿を想像していましたが、 残念ながらコンビニ率が非常に高いというのが実態です(泣) せっかく表参道で働いているのに、 パンケーキ食べてない!ポップコーン食べてない! というフラストレーションが溜まりに溜まり、 ついに行ってきました、パンケーキ! 翻訳事業部のみんなに「行こうよ~行こうよ~」と言いつづけたところ、 退社後にオフィスを出た瞬間、「今日行きましょう!」と、突然のお誘い! (しかも待ち伏せ) すでに帰途についていたスタッフを勇んで呼び戻し、 集まったメンバー総勢6名でパンケーキディナーに向かったのでした。 ご存知の通り、表参道にはいくつもパンケーキの名店があり、 その数はどんどん増えているようです。 ホイップクリームに目がない私が狙っていたのはもちろんEggs ’n Things! 雨がぱらぱらと降っていたからか、行列もなく、 待ち時間もほとんどなく入ることができました。 ぐったり疲れた金曜日でしたが、 お店に入った途端にハワイっぽいかわいらしいインテリアにテンションが上がり、 食べる前から元気になりました。 Eggs ’n Thingsという名前通り、「卵とその他もろもろ」の料理があります。 私たちはオムレツとパンケーキをいくつか頼みました。 (夕飯にスイーツでも平気派、と夕飯は甘いものじゃだめでしょ派に分かれたこともあり) まずやってきたのがこれ! あれ、あんまり大きくない…。 しかしこの中にはクリームシチューとシーフードが隠れていて、 とてもやさしい味がしました。 そしてやってきましたパンケーキ! どーん。 そしてどーん。 この生クリームのボリューム感がたまりません。 これを待っていました。 生クリームも甘すぎず、とてもさわやかで軽いのです。 生地にナッツが練りこまれていて、食感もたのしい。 あーしあわせ。今週もよくはたらきました。 ワンプレートに4~5枚乗っているので、複数名で行ってシェアするのをお勧めします。 やっと表参道を満喫できました。 次はカフェ・カイラかbillsに行きたいです。 (翻訳事業部の皆さんへ業務連絡) さて、ブレインウッズでは、 人気のグルメや流行を発信するための記事の翻訳の実績が数多くあります! 最新の流行に詳しい若手の翻訳者も多く、 書籍・雑誌やインターネットなどの媒体を問わず、ご対応いたしますので、 ぜひお気軽にご相談ください。

AB型だからって…

こんにちは、本領です。 毎日暑いですね! 今回は最近読んだニュースをひとつご紹介します。 http://newsphere.jp/national/20140723-2/ 同じ内容でもう一件。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20140719-OYT1T50087.html 日常生活でよく話題にあがる血液型性格診断、 実際は科学的にも統計学的にも根拠がないんですよね。 もちろん実験や統計手法の都合上、 「血液型と性格には関係がない」と断言することは難しいのですが、 ほぼないと言ってしまっていいでしょう。 ちなみにもとの論文はこれです。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpsy/advpub/0/advpub_85.13016/_pdf 私も心理学を専攻していたのですが、 心理学の世界では、血液型と性格には関係がないとするのが超メジャーな考え方です。 教授から「関係がある」と聞かされることなんて、ほぼありません。 関係してたら面白いかも、くらいならありますけど。 おそらく興味は持たれないので、細かい理屈は語りませんが笑。 ですので、心理学部卒の人は、 日常会話で血液型の話題になると、まわりの空気をかなり読んでます。 だいたい頭の中では… バーナム効果すごい出てるな~ 確証バイアスえげつないな~ でもここで関係ないとか言ったら、すごいひかれるんだろうな~ なんてことを考えてます。 そしてそんなことは口にも表情にも出せず、 できる限りの営業スマイルでその場をやり過ごしてるのです。 けれど… 血液型の話って盛り上がるし便利だから、 信じてなくても話題にするって人が多いんじゃないかとも思うんです。 だからそこまで気にすることもないのかなと。 そのあたりどうなんでしょう? 実際は誰も信じてないものでしょうか? やっぱり空気読むべきなのでしょうか? 関係ないって言っちゃってもいんでしょうか? もう言ってますけど。 もし奇特な方がいらっしゃったら、アドバイスをいただきたく… 何はともあれ、大学や研究機関が出す論文は、 世間の常識を覆す研究や全く新しい理論も多く、 目からウロコが落ちる感覚で面白いですよね。 ブレインウッズでは論文の翻訳やネイティブチェックも承っております。 ぜひお問い合わせください。 ところで私、お盆に沖縄へ行ってきます。 関係ないですけど。 皆様もよい夏休みをお過ごしください。

翻訳会社スタッフのマストアイテム

仕事柄、1日の9割以上をパソコンとにらめっこしていなければならないので、 目の疲れが尋常ではありません。 夕方になると、 眼球は充血し、歌舞伎の隈取りメイクの如く、赤く血走ってきます。 視界は、霧がかかったように、ぼんやりと白くかすんできます。 まぶたは痙攣し、意思を持った生き物のように、ピクピクと暴れ出します。 目玉の形がはっきりと認識できるようなゴロゴロ感を覚え、 頭の中では頭痛が激しくビートを刻み出します。 仕事が終わり家に帰った後もそうした症状はしばらく続き、 動くのも嫌になってしまうような状況でした。 どうしたものかと思い悩んでいた時に出会ったのが、 皆さんご存じ(?)の『JINS PCメガネ』です。 PCやスマホなどから発せられる「ブルーライト」なる有害な光から 眼を守るというこの代物、見た目は普通のメガネとなんら変わらず、 正直最初は半信半疑でありました。「値段もお手頃だし、ダメでもともと! 信じるものは救われる!」、そう自分に言い聞かせて使い始めたのですが… 救われました(笑)。  歌舞伎メイクはただの白塗りメイクとなり、 視界も良好、暴れていたまぶたもすっかり落ち着きを取り戻しました。 ゴロゴロ感も消え失せ、頭痛のビートもおさまりました。とても軽いので、 普段はメガネを掛けない私も違和感を覚えることなく、長時間かけ続けても 疲れることはありません。 いまさらではありますが、本当にオススメです。まだ使ったことが無い方は、 ぜひ一度お試しください! ちなみにいま悩んでいるのは、ワタシが掛けることを忘れてしまうことです(笑) 疲れが溜まってきたころにようやく思い出し、慌てて掛ける毎日です。。 買っても掛けなきゃ変わらない… 古橋

Jingumae Café Map – Annex

Since we last talked about some of our favorite locations for lunch, the Brainwoods office has expanded to include an annex (別館), further down the street towards Gaienmae station on the Tokyo Metro. This time we’d like to introduce a few new places we’ve come to enjoy. La Coccola An Italian restaurant at the bottom of the street on the corner. Always a popular choice due to their ¥1,000 lunch menu and fast service (you can be in and out in about 30 minutes in a rush). Salads, pastas and pizza are on offer and in large portions. Since it’s on the second floor, the window seating – our favorite – offers a great view of the street and the fantastic facade of the Watari Museum of Contemporary Art building across the road. 2 colori When La Coccola is busy – and it often is! – but we’re still hungry for Italian, on the same street is the smaller, cosier 2 colori. For the same price, the portions are smaller but certainly healthier! Down in the basement, the decor of this place feels a bit more Italian, and pretty trendy. Osuri Directly across the street from 2 colori is Korean fusion cuisine Osuri. Lunch ranges between ¥850-1,200 with a great menu full of hearty, hot meals. If you like your Korean food spicy – who doesn’t? – there’s plenty of options here. We recommend the Bibimbap. Family Mart We talked about our nearest convience store last time, and it’s a […]

翻訳会社スタッフのマラニック体験記

みなさん、こんにちは。小林です。 ジメジメと嫌な季節がやってきましたね。 そうでなくても活動が滞りがちな我がブレインウッズダイエット部。 ここ1ヵ月、また休部状態です…。 そんな中、私小林単独行動で、6月1日に「マラニック」なるものに出てきました。 これ、何かというと、食事や景色を参加者で一緒に楽しみながら走る、順位を重視しないマラソンです。 名前はマラソン(marathon)とピクニック(picnic)から来ています。 今回は江東区有明~木場公園~猿江恩賜公園~亀戸中央公園~仙台掘公園~夢の島公園~有明の約27km。 当日はなんと最高気温33度。途中、暑くて死にそう・・・と 何度感じたか分かりませんが、無事に走り終えることができました。 途中コンビニでアイスを食べたのですが、間違いなく人生の中で一番美味しいアイスでした(笑)。 これまではただひたすらゴールを目指す大会しか出たことがなかったので、 他の参加者の方とワイワイ話したり、途中のお菓子屋さんで買い食いしたり、 途中所々で見えるスカイツリーの写真を撮ったりと、いろいろ楽しめるマラニックはすごく新鮮でした。 そして今回出たこのマラニック、なんでも11月に岩手で行われる復興祈願マラニックのプレイベントとのこと。 11月本番は60kmということなので、ちょっと真面目に練習をして、本番も出たいと考えている今日この頃です。 ブレインウッズでは、スポーツ・フィットネスに関する翻訳も承っております。 スポーツ・フィットネス・アウトドア翻訳 体力と知力に充ち溢れる翻訳者がお待ちしておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

翻訳事業部女子おすすめのランチスポット「パンとエスプレッソと」

お久しぶりです。ブレインウッズ翻訳事業部の水沼です。 少しずつ夏の気配を感じる季節になりましたね。 今日は翻訳会社ブレインウッズの女性社員たちが大好きな表参道グルメを紹介したいと思います。 こちらです!! 「パンとエスプレッソと」 本社オフィスから2~3分でしょうか。 映像事業部がある新オフィスと、本社のちょうど間くらいにあります。 この日はあいにくの雨だったのですが、晴れているときは外でランチをしている方も多く、気持ちがいいんです。 わたしのおすすめはパニーニです。 10種類くらいあって、具材によってパンの種類も変えるこだわりぶりです。 注文してからあたためてくれるので、少し時間はかかりますがその分おいしさは保障つきです。 外はぱりっとして、中はふんわり。 テイクアウトにして、オフィスでゆっくり食べています。 (背景は翻訳会社ブレインウッズのHP) 表参道にお越しの際はぜひ立ち寄ってみてくださいね!

今人気の留学先、フィリピンで英語を学ぶ

初めまして。翻訳事業部の吉野です。 4月からブレインウッズに入社致しました。 この場をお借りして、よろしくお願い申し上げます! さて、ブレインウッズに入社する前、 おそらく人生で最後になるであろう 学生の長〜い春休みを利用してフィリピンに英語を学びにプチ留学をしました。 私が行ったセブ島で使われている言語は 主にタガログ語、セブアノ語と英語でした。 実はフィリピンは世界の中でアメリカ、イギリスに次いで 3番目に英語を話す人口が多い国と言われています。 フィリピン人の先生たちですが、多少発音に違いがあるものの、 とても流暢に英語を話していて、授業はほとんどマンツーマンでした。 しかし、海外へ行ったことある?と聞いてみると、 ほとんど先生がないと答えていて、とても驚きました。 フィリピンのスーパーへ行ってみると、 値札や看板の表記は英語で、デパートの館内放送も英語でした。 こういう環境だったら、英語は身に付きやすいなと羨ましく思ったのでした。 セブ島では電車が走っておらず、地元の人たちの移動手段は、 “ジプニー” (jeepney)と呼ばれるバスのような乗り物。 タクシーや自家用車よりも台数が多く、そこら中にジプニーが走っていました。 それぞれにペイントがされていて1台たりとも同じジプニーはなく、 個性がでていて可愛らしいので思わず写真を撮ってしまいました。 たった一週間の留学だったので 観光でもしよう!という気分になり、 セブのクラウンリージェンシーホテルの38階にある、 こんなアトラクションを見つけて乗ってみました。 これは”Edge Coaster”と呼ばれるもので、 その名の通り、ビルの端を1周するコースター。 二人乗りになっていて、動き出したらすぐにイスが傾きます(゜o゜) ホテルの真下まで景色が見えるので体感的には90度くらい傾いているように感じます。 移動する時間がかなりゆーっくりで、地味に怖かった!汗 しかも、観光客は私たち以外誰もいなかった・・・。笑 終わった後は、このアトラクションを 無事に乗ったという証明書と写真をもらいました。 留学としては短い滞在でしたが、フィリピンの人達や生活を 少しでも知ることができ、良い経験になりました。 もしフィリピンに行く機会がありましたら、 是非Edge Coasterには乗ってみてください。

結局エープリルフールに嘘をつくのを忘れました

こんにちは、映像翻訳部の中山です。 前回の記事を書いてから半年が経ち、色々なことがありました。 ※メインは映像翻訳事業部のオフィス移転 ※しかしおかげで猫を見る頻度はすっかり減りました 気付けば早くももう4月、新年度の始まりです。気持ちや環境を新たに臨む人も多いのではないでしょうか。 私はといえば、おかげさまで大きな変化はなく、つつがなく4月1日を過ごすのだろうと思っておりました。 友人に「今日、Google Mapでポケモン をゲットできるらしいよ」と言われるまでは…! そうです、毎年恒例エープリルフールジョーク(http://www.google.co.jp/maps/about/pokemon/) ! そしてYouTubeにUPされた映像のクオリティ(http://youtu.be/4YMD6xELI_k)! せっかくだからゲットしてやろう、とゲームボーイでポケモン赤緑しかプレイしたことのない私がポケモンマスターへの道を踏み出したのは、4月1日午後8時、目黒川河畔で花見をしている最中でした。 早速六本木でポケモンを何匹か捕まえて、楽しくなってきた。そのうちに、地元にいるかしら、なんて検索をかけたり、皇居の周りをまわってしらみつぶし作戦に出たりと、Google Map上で日本中を行ったり来たりしているうちに、いつのまにか10匹になり、20匹になり……30匹になる頃には、半時間ほど経ったときでした。(当初の目的である花見がぞんざいになってきた) 日本の世界遺産に多くいる→まさかポケモンがいるのは日本だけじゃないんじゃ、とさっそく調べてみると… こうして日本に留まらない、世界への冒険も始まりました。 寒くなってきた目黒川河畔から居酒屋に移動しても我々の探索は止まらず、最初はライバルとして数を競っていた友人が携帯のバッテリー切れにより脱落する頃には既に敵意は消え、「こうなったら何がなんでも大台(100匹)突破」という目標に向かって共に戦う仲間となりました。 23時を回る頃、ついに私の携帯のバッテリーも費え、4月1日は82匹にて終了。夢の大台には届かなかった悲しみと、最後まで自分たちの力だけでやり切った、という達成感とを感じながら帰宅しました。 しかし4月1日限定だと思っていたこのゲーム、実は現時点(4月4日)でまだプレイ可能!翌日昼に無事に100匹を達成しました。 目標に向かう強い気持ち、ライバルから仲間になるその過程……Google先生に得難い体験をさせていただきました。ポケモンマスターへ一歩近づいたという自負と共に、この春からも頑張って行きたいです。 さて、これまでの写真でお気づきかもしれませんが、私はiPhoneの設定言語をフランス語にしていたので、Google Mapもフランス語表示となっています。そうすると、お馴染みのポケモンたちの名前もフランス語仕様! たとえばヒトカゲはSalamèche(読み方:サラメッシュ)。Wikipediaによると、火を司る精霊サラマンダー(salamandre)+火花(flammèche)から来ている模様。 ※ちなみに英語ではCharmander。こちらも語源はフランス名と同じような感じのようです。語順は逆ですが。 Wikipediaフランス版によると、ポケモンというゲームを各言語に翻訳するにあたって、その国の特に子供にとって覚えやすい名前にするため、名前はスマートかつ描写的(見た目や属性を表す)なものが付けられたそうです。 このような、単純に字義的な翻訳ではなくその国の文化等に合わせて“再創造”する、その作業のことは「ローカライズ」と呼ばれています。原文の読解力に加え、訳文を使用する国・地域の文化、製作者の意図、訳文の使用方法等、様々な事柄への深い理解が必要となるため、一筋縄では行きません。 翻訳会社ブレインウッズでは、優秀な翻訳者による質の高い訳文はもちろん、きめ細やかなヒアリング、打ち合わせを通してお客様の求めるレベルの翻訳を柔軟に提供します。是非一度ご相談ください!

「アナと雪の女王」、字幕版と吹き替え版どちらで観るか!?

こんにちは、はじめまして。 企画営業部の髙杉です。 この春から、新入社員として入社しました。 どうぞよろしくお願い致します。 今回は、弊社でも映像翻訳部で取り扱っております、”映画” に関するテーマを取り上げます。 最近話題の映画といえば、Disneyの「アナと雪の女王」が大人気ですね! 私も、公開後すぐに観に行きました。 とても綺麗な映像に加え、素敵な歌と感動のシーンがたくさんあり、 大好きな映画になりました。 吹き替え版と字幕版(こちらは3Dで、迫力がすごかったです!)の両方で、観ることができました。 同じ映画ですが、吹き替え版と字幕版で印象が異なるように感じられました。 最初に観た吹き替え版は、母語が日本語の私にとってはスムーズに理解でき、とても楽しむことができました。 次に観た字幕版では、音声としての英語を聴きながら字幕の日本語を読むということで、 理解するのに多少の時間差が生じてしまいましたが、 その分、新たな英語での表現の発見や、声優さんの声の出し方の違いなどを感じ取ることができ、 とても新鮮で楽しかったです! ジョークの部分などは、吹き替え版と字幕版でお客さんの盛り上がりも異なり、 とりわけお子さんなどには、吹き替え版のほうがよりわかりやすいのかな、と感じました。 この映画に限らず、多くの映画を観て思うことですが、 たとえば、主人公が女の子の場合など、日本語版だととても可愛い声や喋り方に吹き替えられているものも、 もとの英語版だと、日本語版よりも低い声でしっかりとした喋り方でなされているような気がします。 国や地域による「可愛さ」のとらえ方の違いのあらわれなのでしょうか。 う~ん、奥が深いですね! どのような方が観られるのかを意識して、吹き替えにするか字幕にするか、 またどのような翻訳にするか、ナレーションはどのような声色にするかを決めることも 翻訳や映像翻訳を行う弊社にとって、とても大切だな、と再確認しました。 また、Youtubeにて、25カ国の言語で歌われたテーマソング”Let It Go”を聴くことができます。 著作権の関係で、歌詞をこちらに掲載することはできませんが、 お時間のあるときに、気になる言語のバージョンを調べて聴いてみるのも 楽しいかもしれませんね♪ 私は英語のほかにスペイン語を学んでいますが、 この25カ国語版のなかには、スペイン語が3種類も登場します! カスティーリャ語、カタルーニャ語、ラテンアメリカのスペイン語 があり、それぞれ歌詞の言葉選びも異なっています。 世界中で皆さんが使っている言語、どの言葉も、とても興味深く、大切ですね。 ブレインウッズでは、このような映画の字幕・ナレーション・吹き替え翻訳から、音声収録・制作も承っております。 映画・ドラマ・アニメの映像翻訳サービス ぜひ、ご利用下さいませ。 写真は、この間お花見に行ったときに撮ったものです♪ 桜の花が、とても綺麗に咲いていました。 また来年、この桜の花が咲くときに、成長できたな、と思えるよう 1年間の日々を大切に過ごしてゆきたいです。 皆様、ブレインウッズをよろしくお願い致します!

Page 10 of 12« First...89101112