Brainwoods Staff Blog

社員旅行のススメ ~part1~

2013年10月12~13日、毎年恒例のブレインウッズ社員旅行に行ってきました。 今年の行き先は山梨県石和温泉。 特急列車で山梨へ行き、現地ではバスで周遊という、平凡かつ順調…のはずだった社員旅行の様子をご紹介します。プレゼンターは映像翻訳事業部の井上がつとめさせていただきます。 例年どおり、ビールとつまみを買い込み、新宿から山梨行きの特急「かいじ」へ意気揚々と乗り込んだブレインウッズスタッフ一同。早々にアルコールが入り、ふわふわした気分で窓の外に目を向ければ、あっという間に景色は灰色のコンクリートジャングルから濃緑の山脈広がる田園風景に。空の青さとの見事なコントラストに見とれていたのも束の間、誰かの「次だよ」の声でわたわたと荷物をまとめホームに降り立つと…… 「あれ?ここどこ?」 なんと我々は目的地の石和温泉駅ではなく、一駅手前の山梨市なる駅に降り立ってしまったのです。 石和温泉駅で我々を待っているバスの運転手さんと連絡をとろうとするも、事前に旅行会社から伝えられていた携帯電話番号に出たのは担当ではない運転手さん。自分は分からないからバス会社に問い合わせてくれと言われて従うも、会社の電話には誰も出ず。とりあえず、やって来た普通列車に乗り込んで、10分遅れで石和温泉駅に到着。「ブレインウッズ」のプラカードを持って不安気な顔で佇む本当の担当運転手さんと喜びの対面を果たし、最初の行程であるぶどう園へ。 BBQとぶどう狩りを楽しめる園内で肉を貪り、ぶどう狩りという名の「狩ったぶどうは全部食べないと帰れまテン」からようやく抜け出そうというとき。 「お姉ちゃん、背高いね~」 175センチの長身モデル体型を誇る我が映像翻訳部エースのNさんに、金持ち父さん風の中年男性が猫なで声ですり寄って来たのです。 「おじさん、背高い子好きなんだよね」 直立するとぶどう棚から頭が突き出てしまうNさんの横に並び、ちゃっかりツーショット写真を撮ってもらってご満悦のおじさん。おもむろに財布から1000円札を取り出し、 「食べ放題のぶどうより、あっちの持ち帰り用のぶどうのほうがおいしいんだよ」と、お土産ぶどう1パックをNさんに持たせ、颯爽と去って行ったのでした。 気を取り直し、次の行程は昇仙峡。修行中の男が怪我をしたフクロウを介抱し自らの食べ物を与えたところ、神様が男を仙人にしてくれた、という伝説の山。 ロープウェイで頂上までを往復し、日本の滝100選に名を連ねる仙娥滝を見物して1日目の旅程は終了。一行は宿泊予定のホテルへ。 立派なホテルで我々を出迎えてくれたのは、美しい筆致で書かれた、 「プレインウッズ様御一行」 の文字。 ブレインではなくプレイン。Plane… 飛行機? Plain… 平野? 分かった、大草原の小さな森だ。 それとも、plain wood…白木? はたまた、plane woodsで、木をカンナがけをする、という意味? 翻訳会社だけに、言葉遊びの妄想も広がります。 宿帳にはちゃんと「ブレインウッズ」と書かれていたから、旅行会社の連絡ミスではなさそう。なぜこんなことに……? 頭をひねりつつ、待ちに待った夕食の会場へ足を運んだ我々が目したのは、またもや「プレインウッズ様」 ああ、ホテルの筆耕さんが近眼(老眼?)だったのね、とスッキリした我々は、美味しい晩餐に舌鼓を打ったのでした。 ……「社員旅行のススメ ~part2~」へ続く。

字幕翻訳のいろは

はじめまして。映像翻訳部の水沼です。 今日は私たちの部署でやっている字幕翻訳についてご紹介したいと思います。 字幕や吹替えと聞いておなじみなのは洋画ですよね。 でも、弊社では、企業紹介ビデオや研修ビデオなど、一般の企業様からのご依頼も多数いただいています。 字幕をつけるプロセスはこんな感じです。 1.お客様から映像をもらう(ファイル転送サービスを通じて、データでいただくことが多いです) 2.台本がない場合は、書き起こしをする 3.映像形式を変換して、専用のソフトウェアを使って翻訳をしていく 右のウィンドウに文字を打ち込むと、すぐに左側の映像内に文字が現れます。 表示時間と文字量のバランスや、表示位置も確認して、読みやすい字幕にしていきます。 4.訳文を別のスタッフがチェック(対訳チェック) 5.最終チェック(翻訳済みの字幕をチェック) 6.チェック用映像の制作 ブレインウッズでは、字幕を焼き付ける前に、必ずお客様に確認をお願いしています。 7.お客様のご希望を反映 8.字幕を映像に焼き付け ブレインウッズでは、映像編集ソフトを使って制作します。 左側が元映像、右側が字幕を入れ込んだ映像です。 映像に編集を加える場合も、このソフトを使います。 9.お客様のご希望通りの形式で制作して、完成です! いかがでしたか? 上記でご紹介したのは一般的な字幕制作の流れです。 医療など専門性が高い分野では、その分野専門の翻訳者が翻訳をしてから、字幕スタッフが字幕用に文字数等を調整することも多いです。 また、焼き付けまでいらないというお客様には、タイムコード入りの翻訳済み原稿をご納品することもあります。 ちなみに、実際の動画は、弊社のwebサイトでご覧いただけます。 映像翻訳サービスの実績紹介ページの下部でご覧いただけますので、ぜひご覧ください。 字幕翻訳をご入用の際はぜひお問い合わせください。 詳細はこちらから!

ギョールとパーリーでストゥを食べる!?

こんにちは、ブレインウッズ翻訳事業部の本領です。 翻訳に携わっていれば、自然と言葉のうつろいに気が向くもの。 最近ではオノマトペの認知度に世代間で違いがあるなんてニュースがありましたね。 なんでも「ざっくり」という言葉、20代の方はよく使っていると思いますが、50-60代の方には、ほとんど意味が伝わらないとか。 少し前にはTV局がカタカナ表記の多用で提訴されるなんてニュースもありました。 確かにせっかくの日本語、出来るだけ使って欲しいと私も思います。 外来語をわかり易く綺麗な日本語に翻訳するというのも、翻訳の腕の見せ所かもしれませんね。 とはいえグローバル化が進む昨今では、ある程度のカタカナ表記の使用は止むを得ないところ。 日頃から慣れておく必要はあるでしょう。 さて、そんなカタカナ表記、全国で共通の表記が使われているかと思いきや、いやいや、そんなことはないんです。たま~に独特な表記をする地域があります。 そのひとつが沖縄です。 ご存知のように、戦後米軍統治下におかれた沖縄は、外来語の流入も早く、おじぃおばぁでも平気でカタカナ英語を使いまくります。そしてそのカタカナ英語が本土と少し違うんです。 いくつか例をご紹介。 「シャープ」 電機メーカーさんじゃありません。 コーヒーシャープとかサンドイッチシャープとか。「shop」のことです。 普通にお店の看板に使われています。 「パーリー」 沖縄の夏の風物詩、ビーチにビールとBBQの準備を持ち寄って… そう、「party」のこと。 「ギョールフレンド」 「girl friend」のことらしいですよ。 ちなみにgoogleで「ギョール」と検索すると、 ふた昔前の特撮番組に出てくる、 悪の秘密結社の女幹部見たいなキャラが出てきました。 …そんな友達いらない(笑) 「ストゥ」 何のことかさっぱりわからない。 「stew」です。 言われればなるほどとなる。 けれど、山崎まさよしに「ストゥを食べよう~」と歌われた日にはもう、 ホームの空気は消え去り、完全アウェーの異国の雪国を歩く道すがら、 偶然見つけたレストランでこれまた偶然頼んだ郷土料理に、 はるか遠い故郷への望郷の念を禁じえない、もはや演歌な世界観。 …表記って難しいですね。 けっして沖縄の表記が悪いということを言っているわけではないのであしからず。 むしろ沖縄大好きです。 今まで日本語になっていない言葉の表記をどうするかというのは、 翻訳作業中でもよくあって、なかなか悩ましいところです。 そんな時はクライアントとお打ち合わせをしながら、用途や意味の伝わり方などを考慮しつつ、表記を決め込んでいきます。 アルファベット表記のまま残すか、カタカナ表記にするか、日本語に訳出するか… そんな悩みをお持ちの方、ぜひぜひブレインウッズにご相談くださいませ! お問い合わせはこちらから!

Jingumae Café Map

The Brainwoods office is situated in Shibuya’s Jingumae; nestled between Omotesandō and Harajuku. There are many interesting and upscale cafés and restaurants in which you can spend a few minutes, or just as easily, a couple of hours. My name is Alastair and I work in the business development department here at Brainwoods. Today I’d like to introduce you to some of our favourite spaces for a quick bite or drink at lunch.

キムチ冷蔵庫って何?!

こんにちは、ブレインウッズで通訳サービスを担当しています朴(ぱく)です。 私は、ブレインウッズで唯一の韓国人スタッフなので、今回は韓国の文化について紹介したいと思います。 韓国を代表する食品といえば、キムチですよね。秋になると冬に備え、大量のキムチを漬けます(しかし、最近では一年中野菜を収穫できるため、その習慣が薄まりつつあります…)。そして、大量のキムチを新鮮な状態で保管するため、家庭に1台は必ず「キムチ冷蔵庫」を所有しています。 普通の冷蔵庫でもいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、一般の冷蔵庫だとドアの開閉時に冷たい空気が外に流れてしまうため、内部の温度が上がりやすく、また温度を下げるのにも時間がかかります。そのために新鮮なキムチが一週間程度で熟成されすぎてしまい、真冬にはものすごく酸っぱいキムチを食べ続けることになってしまいます。 一方、キムチ冷蔵庫は中の空気が外に流れないよう工夫されていて、一定の温度を保つことが出来ます。また、好みの熟成度を設定し、長期間、味を損なわずに保つことが出来る優れものなのです。 このキムチ冷蔵庫は、昔の保管方法に基づいて開発されました。昔はキムチを大きい壺に入れ、土に埋めて保管していました。土の中の温度は一定なため、キムチを新鮮に保管することが出来たのです。 近年、都会では土の中に壺を保管することが難しくなったため、20年程前にキムチ冷蔵庫が開発されました!今ではキムチだけではなく、果物、野菜、肉類を保管するのにも使われています。 最後に、当社の韓国語関連のサービスのページを紹介させてください。キムチ冷蔵庫に関する情報はありませんが…(笑)。 韓国語の通訳サービス 韓国語の映像翻訳サービス 韓国語の翻訳サービス

吾輩は猫ではないし名前もあるが猫が好き

翻訳会社ブレインウッズのスタッフブログ、今回は映像翻訳部の中山が担当致します。 ご存知の方は少ないとは思いますが、ブレインウッズは私を含め、無類の猫好きが集まる会社です(ハリネズミの飼い主もいますが)。 自分が使っているパソコンのデスクトップを自分が撮影した美猫ショットにしている人がいたり、猫の置物が置いてあったり(私です)、マウスパッドも猫の座り姿のシルエット型にしてみたり(私です)、はたまたいつかヘンゼルとグレーテル風に階段の一段一段にエサを置いて、その辺の猫をオフィスへ誘い込めないかと画策し、デスクの引き出しにこっそり猫のエサを備えている人もいます(怒られると思って今まで黙っていましたが私です)。 飼い猫も可愛いですが、やはりノラ猫の野性的な魅力に惹かれます。 大学時代から、“一都市一猫”を目指して、旅行に赴いてはその土地の猫を探すことを義務としてきました。 モロッコのエッサウェラで見た眼光鋭い子猫たちや、ポルトガルの港町ポルトの路地で触れ合った眠たげな猫、パリ・モンマルトルの不機嫌そうな猫など、その地域それぞれ特色のある猫と出会えて楽しいものです(ちなみに直近で見たのは岐阜・下呂温泉の川のそばでした)。 フランス語ではノラ猫は“chat de gouttière”といいます。chatは猫、gouttièreは屋根や軒を表す古語です。「屋根の上の猫」と言ったところでしょうか。パリではアパルトマンが多く、日本のように三角型のつるつるの屋根ではないので猫たちも歩きやすいのでしょうね。 ちなみに猫が鳴く時のフランス語の動詞は“miauler”。カタカナで発音を書くとすれば「ミォレ」。なんとなく「ミャー」「ニャー」と似ていて、実際に言ってみると可愛い! 猫一匹にも、単語一つにも、地域の特色があらわれます。 微妙なニュアンスを大事にする、丁寧な翻訳を心掛けていきたいものです。 ところでブレインウッズでは、動物関連の翻訳・通訳案件も多数経験がございます。 ペットケアや動物病院のパンフレット、動物関連ドキュメンタリーの映像翻訳等、幅広い内容に対応できる人材を揃えております。 http://www.brainwoods.com/translation/industry/medical.html 是非一度ご利用ください。

ブレインウッズ ダイエット部?

はじめまして、翻訳事業部の小林と申します。 さて、今回はブレインウッズに密かに存在する、ある「部」について紹介したいと思います。 その名は「ダイエット部」。 元々は「マラソン部」のような名前だったと思うのですが、なぜかこう呼ばれるように・・・。正式な部というよりは、日頃の運動不足を解消しよう!という集まりです。 主な活動内容は、週に一回、仕事後に皇居周りを走ること。ただし仕事が終わる時間によっては流れたり、なぜかバッティングセンターに変更になったりと、かなりゆる~い感じです。 当初は映像翻訳部リーダーが時々皇居ランしているという話を聞き、私がそれについて行ったのが始まりでした。その後、若干ではありますが参加者も増えています。 私が密かに抱いている願望は、ゆくゆくブレインウッズ ダイエット部でマラソン大会に出ることです。 しかし最近は猛暑やゲリラ豪雨などの影響もあり、なかなか活動できていません・・・ 秋になり気温が下がってきたら、いや出来る限り毎週活動したいものです。 ここでマラソンに関わる用語を1つご紹介しましょう。「LSD」というトレーニング用語があります。(決してドラッグの名称ではありません。あしからず。) これは“Long Slow Distance”の略で、「長い距離をゆっくり、時間をかけて走る」トレーニングのことです。フルマラソンやウルトラマラソンを走り切るにはとても大切なトレーニングです。2~3時間休憩なしで走るのが一般的で、途中休みは入れないのが基本です。走る競技以外でも、自転車競技のトレーニングなどで使われているようです。 ちなみにブレインウッズでは、スポーツ・フィットネス関連の翻訳・映像翻訳を行っております。 もしスポーツ・フィットネス関連分野の対応が可能な翻訳会社をお探しでしたら、ぜひお気軽にご相談ください! スポーツ・フィットネス翻訳の詳細はこちら

アイスケーキ

初めまして。翻訳事業部の関根と申します。 宜しくお願いいたします。 お盆も終わり、8月も残すところあとわずか。 まだまだ猛暑続きですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 毎年この時期になると、私は鬱々とします。。。 なぜなら・・・誕生日がやって来るからです。 もう歳は取りたくないものだと思いながら、着実に年を重ねております。 誕生日といえばケーキがお楽しみですが、私はいつもアイスケーキをリクエストします。 これは「夏生まれあるある」かもしれないですね。 毎年気になったものを買ってもらうのですが、今年ひそかに狙っているのがこちら。 Ben & Jerry’sのアイスケーキです。 食べ物らしからぬ色合い。心奪われます。 ブレインウッズのすぐそば、表参道ヒルズ内のショップで購入できるようです。 好きなフレーバーを選んで、オーダーメイドもできるそうですよ。 Ben & Jerry’sのアイスといえば、そのユニークなネーミングが有名ですよね。 「Americone Dream」(「アメリカン」と「コーン」をかけて。とてもアメリカらしいフレーバー)「Chubby Hubby」(ピーナッツバターが入ったアイス。人の良さそうな旦那さんが好んで食べそうです)「Phish Food」(ロックバンドPhishとのコラボ商品。チョコの魚が泳いでいます)などなど。 味を想像するのが楽しくなる名前です。ただ・・・ 日本語には訳せそうもありません。。。 英語からイメージして楽しみましょう。 パーティーのご予定がある方は、是非チェックしてみてください。 食べ過ぎてお腹を冷やさないように気を付けましょう! ではでは、残りの夏も楽しくお過ごしくださいー

夏フェスに行ってきました!

翻訳会社ブレインウッズの佐藤です。 私は先週末、江東区は夢の島公園陸上競技場で開催された野外音楽フェス「WORLD HAPPINESS」に行ってきました。当日はうだるような炎天下で、アーティストの方々がそろって「水分をしっかり取ってね」と観客に呼び掛ける中、身体中の毛穴という毛穴から出る汗で服を濡らしながら、錚々たる顔ぶれの熱気溢れる演奏に聴き入りました。大橋トリオの甘くメロウな歌声にはじまり、清水ミチコのモノマネ劇場あり、矢野顕子による山口百恵や故・忌野清志郎の原型をほぼ留めていないカバーあり、柴咲コウはヒットドラマ「ガリレオ」の新旧主題歌を歌い上げて会場を沸かし、ラス前のクライマックスではレキシの爆笑パフォーマンスで会場の盛り上がりも最高潮に達しました。はじめのうちは直射日光に晒されて肌がこれ以上焦げてしまわないか気が気でありませんでしたが、いつしかそんなことも忘れてフェスを満喫していました。 ところで、同じ週末に催されていた「サマーソニック2013」には、例年どおり海外アーティストが数多く出演していたようです。スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンは、彼らの後に登場する日本の某超人気ロックバンドを待つファンが最前列を陣取った上で大人しくしていたため、演奏の後に“Thank you for the warm reception”と皮肉ってみせたとか。直訳すると「温かい歓迎をありがとう」となり、Twitterでは「楽しい前座をありがとう」なんて意訳もあったようですが、調べてみたところ“reception”に「前座」という意味はないようです。 一見すればなんてことのない英文ですが、感情も含めて訳さなければいけないところが翻訳の難しさであり面白さかもしれない、なんて思った私でした。

「良い翻訳」とはなんでしょうか?

はじめまして。翻訳会社ブレインウッズ経営管理部の古橋と申します。 このたび、社内でブログ部(?)が設立され、定期的に連載されることとなりました。 翻訳・通訳にまつわるお話から映画・音楽・グルメなどなど、種々雑多な情報をお届けしていきますので、よろしくお願いします。 初回は翻訳会社らしく、翻訳をテーマにお話ししたいと思います。 唐突ですが、「良い翻訳」とはなんでしょうか? 読みやすい、原文の内容を忠実に再現している、専門用語を正確に理解している、トーン&マナーが守られている、文章がカッコいい…などなど、漠然としたイメージを浮かべることはすぐできても、具体的に定義付けをしようとすると、なかなか難しいかと思います。 なぜかというと、翻訳は設計図や型紙に基づいて作られた既製品ではなく、全てがオーダーメイドでできているからです。その訳文がどのような場所でどのように使われるのか、どんな方が読まれるのか、何の目的で使用するのかなど、諸々の条件によって仕様が変わってきます。仮に同じ材料(原稿)を使ったとしても、仕上り(訳文)の形は無数にあり、良し悪しの基準もその時々で変わり得るのです(もちろん、誤訳や訳抜けがないのは大前提ですが…)。 ブレインウッズでは、原文の性質(対象読者、使用用途、使用目的)を正確に理解してニーズに合った訳文をご提供し、ご依頼いただいたお客様がビジネスを円滑に進められるようになることこそが、「良い翻訳」であると考えています。どのような内容のものでも、まずは一度お気軽にご相談ください!

Page 12 of 13« First...910111213