Brainwoods Staff Blog

春の訪れ

はじめまして。通訳事業部の河北と申します。どうぞ、宜しくお願い致します。 段々気温があがり、日差しに春を感じられるような季節になってきましたね。 みなさんは、「春」と聞いた時に、何を思い浮かべますか? 「桜」や「お花見」を思い浮かべる方も、多いのではないでしょうか。 桜と言えば、4月に咲くソメイヨシノなどが有名ですが、もっと早く咲く桜があります。 それは、河津桜です。 ソメイヨシノよりピンクの色が濃い河津桜は、2月から咲き始め、1か月ほど咲き続けます。一般的に、桜は開花してから7日間ほどで散るため、この桜は長きに渡り楽しめることで有名です。また、川沿いに咲く河津桜が有名な伊豆では、毎年河津桜まつりが開催され、多くの人が桜を見に訪れているそうです。 社会人の方々は、行きたくても仕事の都合上、伊豆まで遠出するのは難しかったりしますよね。実は、都内でも咲いている場所があることはご存知ですか。 みなさんも、きっと一度は訪れたことのある、代々木公園や新宿御苑、井の頭恩賜公園などにあります。 先日、その一つである林試の森公園に行ってきました。伊豆と比較すると本数は少ないですが、満開の河津桜が出迎えてくれました。 青空と桜のピンク色のコントラストが美しく、外国人の方々が桜を見に、春に日本を訪れる気持ちが分かるなとしみじみ思った一日でした。 来年こそは、川沿いに咲く鮮やかなピンク色を見に、伊豆まで行きたいです。 これからは、ソメイヨシノや八重桜などが開花しますね。 今年の都内の開花予想は3月25日、見ごろは4月3日頃だそうです。 ぜひ、短い桜の季節を目いっぱい楽しんでください。

「かぼちゃ」はポルトガル語!?

こんにちは。マーケティング・コミュニケーション部の松嶌と申します。1年の病気療養を経て、昨年無事に復帰しました。以後お見知りおきを。 日本語には借用語、俗にいうカタカナ語が多く存在します。インターネットやコンビニ、メールなど、日本語で表現しようとすると逆に難しい言葉もたくさんあります。(「インターネット」を日本語にすると「全世界的電信通信網」でしょうか…何のことか分かりませんね) そんな借用語の中には、「日本語じゃなかったの!?」と、叫んでしまうような「日本語」然とした「借用語」が多々あります。今日はその中から3つ、私が「面白いなぁ。」と思ったものをご紹介します。   ①かぼちゃ:ポルトガル語 タイトルにも書きましたが、「かぼちゃ」はポルトガル語由来の言葉だそうです。「カンボジア」が訛って「かぼちゃ」になり、「南」蛮から渡ってきた「瓜」ということで「南瓜」と書くようになったそうです。   ②ぽん酢:オランダ語 ずっと前から「ポン酢のポンって…いったい何なんだ。」とは思っていましたが、まさかオランダ語だったとは思いませんでした。食前酒としてオランダで飲用されていた「ポンス」が長崎に伝来し、日本では調味料として普及したようです。   ③いくら:ロシア語 ロシア語では「魚卵」や「小さくて粒々したもの」を「イクラ」と呼ぶのだそうです。国民的アニメに登場するイ○ラちゃんの名前が、実はロシア語だったと思うと…ちょっぴりクスリときます。   この他にも、かるた、ばってら、からざ、じょうろ、金平糖、瓦、旦那など、実は海外由来の単語がわらわらとあります。 身近で当たり前だと思っていたものが、実は遠い海の向こうからやってきていた…ロマンを感じます。 日本語の意外な一面を、皆様も探してみてください。

十人十色

はじめまして。翻訳事業部の河合です。どうぞよろしくお願いします。 ことわざにもあるように、日本語では人の性格や性質を色で表すことがあります。 生まれたとき、私は無色でした。幼い頃から父の仕事の都合で海外を転々とし、その中で赤になったり、黄色になったり、緑になったりしました。 この色の変化は、いつも人との出会いや場所の変化によって訪れます。最初に色を変えたのはきっと言葉を覚えて人と会話をした時で、何回かあった変化の中で一番鮮明に覚えているのは、アメリカで暮らすことになった初日です。でも色の変化は何も、大きな環境の変化により起こるものとも限りません。 みなさんも日々、色が変わっていると思います。オレンジの人と一緒にいるとオレンジ系に、ブルーの人といるとブルー系に、というように、普段の生活の中でも色の変化は起こります。また、初対面の人でもなんか落ち着くな、合うな、という人は同色系の人なのかもしれません。 そう考えると、たくさんの人と出会う、違う文化の人と出会う、ということは、自分の色を見つける旅のような気がします。しかし、旅にはいろんなものが必要ですよね。お金はもちろん、カバン、靴、メイク道具、パスポートなど。そして時には、言葉も必要です。 確かに音楽やダンス、アートなど、言葉がなくても通じ合えるものはこの世にいくつもありますが、やはり言葉を知っていると、より一層身近に感じ、楽しめる気がします。外国の人とは外国語で会話を、時と場合によっては手話で誰かと会話をしたりもするでしょう。 翻訳や通訳というお仕事は、やや専門的に感じられるかもしれませんが、実はそういったコミュニケーションを手伝う、1つの要素に過ぎないのではないかと考えています。 国内に限らず、世界中で、人生を色づける出会いがあるはずです。私たちブレインウッズのお仕事が、みなさまがご自身の色を見つける1つのきっかけになれればいいな、と思います。

カルチャーショック

初めまして。昨年4月に新卒で入社した、桜本と申します。通訳事業部でコーディネーターをしています。 ブログを書くのは今回が初めてなのですが、ヨーロッパへ留学や旅行で何度か行った中で、私が受けたカルチャーショックをご紹介します。 こちらは、イギリスのコピー機か何かのお札を入れるところだったと思いますが、「女王のお顔が上になるように」お金を入れてください、とあります。日本の場合、野口さんや福沢さんのお顔を上に、となるのでしょうか。挿入口がまっすぐではないのも、面白いと思いました。 こちらは、カタールを経由してヨーロッパに向かう時の機内食で出てきたジュースです。ゼリーのようなカップに入っていて、飲み方が分からず戸惑いました。少しだけふたをめくって、こぼさないように飲みました。 次も、イギリスのロンドンにて、海外でよくある街中のパフォーマンスのひとつ。全身銀色の方が、まるで浮いているように見える、というものです。私は、日本ではまだ、このようなパフォーマンスは見たことがありません。 オランダに行った時は、ウワサの「橋が開いているから待つ」という経験をしました。オランダは、海の上を車が普段通っていて、大きい船が通る時は、道がぱかっと開きます。そのため、車や自転車、歩行者は船が通るまで待たなければならないのですが、それを遅刻した時の言い訳にする人もいるようです。 こちらも、オランダの道路で発見しました。この歩行者用押しボタンの標識に、何か違和感がありよく見ると、ボタンの位置が、高い!オランダ人の平均身長は、世界一とも言われており、男性で184センチ、女性で171センチだそうです。そのため、お手洗いにある鏡も高い位置にあり、背の低い私は映りませんでした。 またまたオランダです。今度はトイレのドアのマーク。我慢していますね(笑) 海外旅行をよくされる方は、もう既にご存知かもしれませんが、以上、私が見つけたカルチャーショックでした。他にも面白いカルチャーがあれば、是非教えてください!桜本

お正月便り

はじめまして。経営管理部の小林です。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 平成29年が始まりました!今年はいつになく穏やかなお正月でしたが、皆様はどのようにお過ごしでしたでしょうか。 私は年末から実家に帰り、お正月を迎える準備でばたばたと過ぎていきます。大晦日は、紅白歌合戦をみたあとに近所の銭湯へ行くのが恒例。ゆっくりお風呂につかりながら一年の出来事を振りかえりつつ、しみじみ迎える新年はなかなかいいものです。 そして、 元日は、おせちやお雑煮をいただき(完全に食べ過ぎ)、 二日は、またまた銭湯の朝風呂に駅伝、 三日は、初詣へ。。。 ちなみに、今年の初詣は深川にある「富岡八幡宮」で参拝してきました。大行列でしたが、日差しがとてもあたたかく助かりました。 富岡八幡宮は、寛永4年(1627年)創建、江戸の庶民から信仰を集めた江戸最大の八幡様です。ちなみに、例祭は江戸三大祭の一つに数えられ、50数基のお神輿が水をかけられながら渡御するのは見ごたえがあります。(3年に1度が本祭り) それにしても、お正月ってたくさんの風習がありますね。 おせち料理・お正月飾り・初詣・七草粥・鏡開き・・・少しずつ形を変えながらも長く受け継がれ、そのひとつひとつに大切な意味がこめられています。 お正月に限りませんが、四季折々にある日本の風習を大切にしていきたいなぁと思う今日この頃です。

京都人の裏の顔

みなさまこんにちは。京都支店の荻野です。 さて。私は京都に居ります。 良いところに住んでいらして羨ましい、と東京の方から言われることもしばしばありますが、そうですね、落ち着いた良い町ですね、と素直に答えるべきか、いえいえ、そんなこともないですよ、と謙遜しつつ正直に答えるべきか、私にはいつもちいさな葛藤があります。 関西にお住まいの方々には、幾分か首肯していただけるのではないかと思いますが、住めば都、されど京都。なのが、この京都という町です。 しかしながらディープな京都の話はまた別の機会にとっておくとして、今回は「住む京都」のとっておきをご紹介します。 なんといっても地元の人が圧倒的に多い土地柄からか、市街地を含むほとんどの地域で町内会がしっかり機能しています。 京都に移り住むということはすなわち、その地域の町内会に入ることを意味します。もちろん入会拒否も可能ですが、となると町内の行事に軒並み誘われませんし、「変わってる」と噂を立てられますので、精神的にかなりタフでないと難しいといえます。 町内の行事は、主たるものでいえば 地蔵盆(8月末) 学区民運動会(10月の体育の日前後) の2つです。 地蔵盆とは、日々子どもの通学を見守ってくれている地域ごとのお地蔵様をお祀りする行事で(京都は町のあちこちで道祖神が祀られており、道祖神信仰と地蔵菩薩信仰が結び付いたものといわれています)、お地蔵様の前にお供え物を並べてお参りし、その日は子どもたちのためにいろいろな催しを行います。 まず会場設営。子どもたちの提灯を提げ(京都では地蔵盆用に、子どもの名前を入れた提灯を各家庭で作ります)、子どものための遊び場を作ります。家の前の道路を使いますので、地蔵盆期間中はほぼ「通行止め」となります。 朝は朝食用に町内のパン屋さんの作るパン、お昼どきには子どもたちの大好きなハンバーガーが配られます。おじいさんたちは氷商で仕入れた氷で作るかき氷を振る舞ってくれます。飲み物はビールを含めて飲み放題、宵に近づくと、こんどはいつも通う小学校が舞台となった「お化け屋敷ツアー」があり、そこから帰ってくると夜の宴会が待っている、という具合です。 子どもたちにとっては夏休み中の楽しい1日になり、大人にとっては、この日をきっかけにご近所さんの知り合いが増え、住み心地もぐっとよくなるという、町内交流の貴重なイベントといえます。地域の防犯にもつながりますし、本当に良い機能を兼ね備えているといえます。 もう1つのイベント、学区民運動会。 京都では知る人ぞ知る常識なのですが、京都市内、区ごとに分かれる地域の中でさらに、「学区」という区分が存在します。この学区単位で、町内の体力自慢が集まり、大人も子どもも一緒になった運動会が開催されます。この運動会、私の住む地域に限らず、どの地域でも地元のみなさん、ものすごく気合いが入っています。運動会前になると、ジョギングをしているお父さんたちの姿をちらほらと見かけます(それもマラソンランナー姿)。「本気やん!」と毎年心の中で突っ込んでいるのですが、それくらいみなさん本気です。 とくに「綱引き」「町別対抗リレー(10代~50代のメンバーで構成)」は上位に入ると得点が高いので、本気の地域は事前に勝てるメンバーを選出し、早々に家々を回って打診をしているようです。 参加賞から入賞賞品まで全て地域のもので用意され(実用的なものが多いので助かります)、 特賞にいたっては地域にあるフレンチレストランのディナー無料券(1万円~)などなど、なかなかに豪華です。尚、優勝~3位入賞の町には表彰状が授与され、その町内の掲示板に1か月ほど掲示されていたりします。「どや!」てなもんですね。 ちなみに、昨年は私の住む町内が優勝しました。尚、私はこの時期決まって風邪を引くので参加していません(笑)。 それにしてもこれって、京都人の別の顔だったりしませんか? 「はんなり」なのは実は表の顔なのです(笑)。 ここまで書いて、京都人のどなたかにきっと怒られる!とちょっとこわくなりましたが、所詮よそ者のたわごととして、流していただければ幸いです。

Bonjour tout le monde. Je m’appelle Cici.

こんにちは、9月から入社しました翻訳事業部の葉と申します。 初めてのブログですが、バイオリンとチェロについてお話ししたいと思います。 バイオリンを習い始めたのは、大学院2年生の頃でした。写真は当時使っていたものです(ヤマハBraviol V7SG 4/4)。 紙幅の関係上、ここで自分が最も好きな三曲をお薦めしたいと思います。 The Promise(Secret Garden) Introdution & Rondo Capriciosso(Saint-Saen) Gipsy Air, Zigueniweinsen(Sarasate) いずれも、Youtubeで動画が見られますので、ぜひ一度聴いてみてください。 チェロは、バイオリンと違い、音が低くて、とても優雅な楽器だと思います。ここで二本チェロに関する映画をお薦めしたいと思います。 『Hilary and Jackie』(1998,イギリス) 『Like Sunday, Like Rain』(2014,アメリカ) スタイルが全く異なる二本の映画ですが、チェロだけでなく、音楽以外の人生に関する哲理も得られるのではないかと思います。ぜひ見てみてください。

2016年 社員旅行ルポ

こんにちは。映像翻訳部の井上です。 昨年の社員旅行についてはこのブログでも紹介されましたが、その時われわれが宿泊した修善寺の宿、「宙・SORA渡月荘」が先日、TBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に登場したそうです! 何の自慢にもなりませんが、同じ場所の思い出をガッキーと共有できたみたいで、なんだか嬉しいですね。 さて、今年も11月12~13日で社員旅行に行ってまいりました。行き先は長野県松本市、参加人数は過去最多の20名という大所帯。笹波副社長や田島部長の息子さんたちも仲間入りして、終始和気あいあいとした雰囲気でした。 1日目は新宿駅から特急あずさに乗り込み、駅弁とビールをいただきながら、紅葉が見ごろの松本へ。松本駅で、京都から参加の朴さんと合流し、さっそくメインイベントである松本城へ向かいます。世界遺産の姫路城がその容貌から「白鷺城」と称されるのに対し、黒い壁が特徴の松本城は「烏城」の別名を持ちます。堂々とした佇まいの黒い城は荘厳で、見る者を圧倒する風格がありました。城内を最上階の6階まで見学できるのですが、木造の階段は急で滑りやすく、さらに下りる人と昇る人の肩がぶつかり合うほど狭い、スリリングな造りでした。その後、名所の縄手通りで信州そばをつまみ食いし、今回の宿泊先であるホテル玉の湯さんへ。ゆっくりと温泉に浸かって豪華な夕食を堪能したら、恒例の夜の部屋飲み会。松本の美味しい日本酒をちびちびやりつつ、社内翻訳者のJoelさんが持参したゲームで白熱したバトルが繰り広げられつつ、夜は更けていきました。 そして2日目。美味しい朝食をいただいて玉の湯さんをあとにしたわれわれは、午前中の間、松本市内を自由行動。私を含む7名はすてきなカフェでまったりし(朝食を食べたばかりなのにシフォンケーキに手を出し)、なまこ壁で有名な中町通りを散策して、集合場所の石井味噌さんへ。ここで、天然醸造・無添加の味噌づくりの蔵を見学します。看板商品の信州三年味噌は、国産の大豆だけを使用し、二寒二土用(二寒は二回の冬、二土用は二回の夏のこと)を越して三年間熟成されます。見学のあとは、自慢のお味噌をふんだんに使ったランチをいただきました。豚汁が最高に美味しかったです。お腹いっぱい満足して、夢見心地で帰路についたのでした。 振り返ってみると、食べて飲んでばかりの2日間でしたが、普段別の場所で働いているスタッフともたくさん話すことができて、楽しい旅行となりました。来年はどこに行けるのかな?

Translation Happens at Home

Last month an unfortunate story of misunderstanding blew up on local Twitter and newspapers, even making it to BBC News in the UK. A convenience store was in commotion over a foreigner of Asian descent openly stealing a drink, and was arguing with staff demanding to know ‘what have I done wrong!?’. Neither the customer nor the convenience store staff seemed to be at fault, instead the problem was with the design of the drink bottle’s label, which reads ‘Free Tea’ (フリーティー). Why might this be a problem? Whilst the word ‘free’ has many meanings, a native English speaker is most likely to think of ‘given or available without charge’ (Oxford Dictionary of English). According to the Japanese manufacturer’s product site, the product’s slogan is ‘ストレス社会解放応援飲料’, a drink to support freeing oneself from the stresses of modern life. ‘Free’ is also often used as a loan-word in Japan for things ‘free of’ something, such as calories, alcohol or purine. Even amongst Japanese native speakers this loan-word has a few meanings but its meaning broadens when read by a native English speaker as English, unlike the Japanese ‘自由’ or the French ‘libre’, doesn’t make a distinction between free of cost and freedom of self. Translation and native checking services are thought of being a necessity when developing products or offering services abroad, but as the market for ‘inbound’ services in Japan grows with increasing tourism as Japan looks towards the 2020 Olympic and Paralympic Games, it’s equally important to consider the […]

フランス人の運転は本当に粗い?

こんにちは。京都支店の朴です。 9月末、遅い夏休みに、家族旅行でフランスのニースに行ってきました。 滞在中は天気に恵まれ、毎日が海日和でとても楽しい時間を過ごすことができました。 (今も若干、日焼けの跡が残っています。笑) ご存知の方が多いと思いますが、フランス人は運転が粗いとよく言われます。車のバンパーはぶつけるためにあるとか…。まぁ韓国もどちらかというと粗い方なので、フランスの運転にはあまり驚きませんでした。 むしろ、来日して間もないとき、日本人のマナーの良い運転に感動しました。 フランス滞在中は車に気を付けるようにしましたが、信号のない横断歩道を渡るときは、どの車も歩行者が先に渡れるよう、止まってくれました。 当たり前でしょ!と思う方が多いと思いますが、日本では信号のないところだと、意外と停止してくれないのです。 JAF(日本自動車連盟)の調査で「信号機のない横断歩道で歩行者が渡ろうとしていても、9割以上の車が止まらない」という結果が発表されています。 確かに、フランス人の運転は粗いと思います。日本人の運転が世界的に見てマナーが良いということも間違いないです。ただ、どの視点で考えるかによって、見方も変わるのかなと思う旅でした。

Page 4 of 12« First...23456...10...Last »