Brainwoods Staff Blog

Typhoon

こんにちは。経営管理部の古橋です。今年は台風が毎週のように現れて大変だったイメージがありますが、気象庁の統計によると台風の年間平均発生数は約25個。今年の発生数は10月の今日現在で19個ですので、数的には例年とさほど変わらないことになります。8月と9月で集中して発生していたために、多い印象を持ってしまうのですね。 ところで、アメリカでは昔から台風に人の名前を付けているのはご存じの方も多いと思いますが、実は現在では台風の名前が予め決まっているということはご存じでしたか? 日本、アメリカほか東南アジア14カ国が加盟している「台風委員会」という台風防災を目的とした国際機関があり、それら加盟国が提案した140個の名前を、毎年台風が発生した順に用いて、台風の国際的な名称として定めているのです。2000年からこの命名法が使われており、名前が一巡したら、また一つ目の名前に戻ることになっています。先述したとおり台風の年間の平均発生数は約25個ですので、およそ5~6年で名前が一巡することになりますね。 各国の命名した名前をいくつかみてみると、人の名前や地名の他にも、変わった名前が多く付けられています。 タイ → プラピルーン(雨の神) フィリピン → ハギビス (すばやい) 韓国 → チェービー(つばめ) 中国 → ウーコン (孫 悟空) ミクロネシア → ソーリック(伝統的な部族長の称号) マカオ → バビンカ (プリン) どういう意図で付けられたのかは不明ですが、その国の台風に対するイメージや考え方が透けてみえるようで面白いですね。 ちなみに日本が命名している名前は、 てんびん、やぎ、うさぎ、かじき、かんむり、くじら、コップ、コンパス、とかげ、はと の10種類。いずれも星座の名前が由来になっているようです。 残念ながら日本国内では号数で呼ばれるのが一般的なので、これらの名前を目にすることはほとんどありませんが、台風発生で憂鬱な気分になったときは、「今度の台風は何て名前だろう?」と考えてみるのも一興です。 古橋

表参道の美味しいお店

こんにちは、翻訳事業部の高杉です。 今回は、ブレインウッズ東京オフィスのご近所カフェをご紹介します♪ 表参道という立地により、オフィスの周りにはたくさんのカフェやレストランがあります。 観光客の方、遊びに来られる方などをはじめとして、日本人以外にも外国人の方もたくさん訪れるエリアです。 今日はどこへ行こうかなと目移りしてしまいますが、私が最近おじゃましたおすすめの2店をご紹介します。 1店目はPIZZA SLICEさんです。 ニューヨークスタイルのピザが食べられるお店ということで、 翻訳部のスタッフで早速食べに行きました! 写真のとおり、大きなピザです。手のひらに乗り切らないほど大きな一切れです。 生地は薄めでカリカリで、ソースや具材もとても美味しいです。 大きくて食べきれない?!と思いますが、ついついおかわりしちゃう美味しさです。 2店目はFRANZE & EVANS LONDONさんです。 ロンドンにあるお店が、日本に初上陸されました。 店舗の雰囲気は近所でも群を抜くおしゃれさで、 これまたおしゃれなメニューがずらりとならぶ、デリスタイルのカフェです。 私は3種類のデリを選びましたが、どれも本格的なお味で、まるで外国にいるかのよう…。 ヘルシーなお野菜料理とともに、素敵なひとときを過ごすことができるお店です。 以上、いかがでしょうか? ほかにも素敵なお店がたくさん立ち並んでいます! あなたのお気に入りのカフェを見つけに、ぜひ表参道へ足を運んでみてくださいね。

オリンピック・パラリンピック

こんにちは。ブレインウッズ映像翻訳事業部の佐藤です。秋台風がどんどん発生すると共に暑さも和らいで秋らしい気候になってきました。 さて、今年の夏のハイライトといえばリオデジャネイロで開催されたオリンピック・パラリンピックですね。普段家で映画やドラマばかりを見ているようなスポーツに疎い文化系の私でも、同じ人間とは思えないような超人的な記録や、チームワークには心打たれるものがありました。 さらに、閉会式での引継ぎセレモニーにはとても感動し、東京オリンピック・パラリンピックへの期待がさらに高まりました。あのセレモニーを見て、長年東京に住んでいる私ですら「東京ってかっこいい!日本って最高にクール!」と思ったのですから、きっと海外の方の心も掴めたのではないでしょうか。注目のクリエーターたちによる最先端の技術を取り入れた華やかなパフォーマンスや、アニメという日本が世界に誇るべき文化が見事に融合していたように思います。同時に、こんな素晴らしい文化や日本のことをもっと海外の方に知ってもらいたいと思いました。 翻訳という仕事を通して、そのお手伝いをますますしていきたいと思う今日この頃です。

第17期を迎え

当社は9月1日から第17期に入ります。 創業17年目というと、長いような短いような、ちょっと微妙な時期に感じます。 最初の10年間は創業期で、会社をゼロから立ち上げた時期です。 今いる、次の10年は成長期。実際、ここ数年はどんどん新しい社員が入社し、会社の規模も年々拡大しています。 そんな中で、お客様に対する今までのサービスレベルを維持し、更に向上することがとても大切に思います。 現在、当社では人材開発プロジェクトを立ち上げ、各部門から集まったスタッフの協力のもと、当社に関わる翻訳者・通訳者の皆さんや、今後入社される新人社員・中途社員をどのように採用し、育成していくかに取り組んでいきます。 当社の事業はまさしく、多くの「人」によって成り立っている事業です。 その為、事業の成長は、人の成長、組織の成長とも言えます。 一緒に働く仲間を広く集め、お互いが満足しながら、そして成長しながら、 世の中の人々に役に立つサービスをどんどん提供していきたいと考えています。 相田

「片付け」の効用

こんにちは。ブレインウッズ翻訳事業部の小林です。 お盆も明け、そろそろ秋の足音が…聞こえてきてほしいところです。 今回は私が最近はまっている「片づけ」から考えたことについてお話ししたいと思います。 もともと私自身も家族も片づけが苦手だったので、実家は物であふれていたのですが、数年前近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」を読んで以来、 片づけが大分できるようになりました。 実家を出た今は、前に比べれば少なくなったものをさらに減らせないか試行錯誤の日々です。 最近では「断捨離」「ミニマリスト」といったワードを巷でよく耳にします。 詳しい説明は省きますが、どれも根幹には「自分にとって大事、必要なものを見極めるのが重要」というマインドがあるようです。 最近思うのは、この考え方は片づけだけではなくて、日々の生活、仕事でも大切だな、ということです。 特に今の社会は、モノも情報もあふれかえっています。でもその全てを平等に大切にすることはできないですよね。その時に、いかに取捨選択をして、必要なこと、大切なことを選びとっていけるか。「捨てる、手放す」ことは時に勇気がいりますが、そうすることで自分に余裕が生まれて、さらに新しい知識や情報を取り入れられるのではないかと思います。個人個人の取捨選択の力が今後さらに重要になっていくのではないでしょうか。 最近なんだかすっきりしない、うまくいかない…そんな時にはぜひ、身の回りのモノや情報を見回して、片づけをしてみてくださいね。

ボルダリングはじめました

こんにちは、翻訳事業部の春日です。 いよいよリオデジャネイロオリンピックが始まりました。皆さんは何かご覧になったでしょうか。どんなスポーツでも、身体能力を最大限に使って極限を求める姿には魅入ってしまうものがありますね。 ところで私は去年からジムに通い始めており、最近調子に乗ってボルダリング(ジム)デビューを果たしました。ボルダリング(Bouldering)とは、ロッククライミングの中でも道具を使わない「フリークライミング」の一種で、ロープ等の命綱を使用せずに、身体ひとつで壁を登る競技のことです(boulderとは、「大きな丸石」という意味)。 当日は映像部の先輩に手とり足とり教えていただいたものの、運動に縁のない人生を送ってきたことがたたってか、ルールの理解と落ちないようすることで頭がいっぱいいっぱい。それでも全身を使ってよじ登ったり、マットへ飛び降りたりと、久しく経験していない感覚を味わえたのがなかなか新鮮でした。 高度に発達して指先ひとつで何でもできる世の中に、こういう原始的なスポーツが流行っているのも何となく理解できるような気もします。 それに色とりどりのホールド(掴む突起部分)が一面に取りつけられた壁はカラフルなペンキがはねているようで、そこに人がよじ登っている様子を遠くから眺めると現代アートのようだなあとも感じたボルダリングデビューでした。 2020年の東京オリンピックの追加種目としても選ばれたクライミング。一体どのようなゲームが繰り広げられるのか、今からでも楽しみですね。

京都旅

こんにちは!今回は映像翻訳部、佐野が担当です。暑い日々が続きますが皆さまいかがお過ごしですか。私は若干夏バテ気味なようで、最近バッグにいつも梅干しが入っています。。。 さて、去る7月の三連休、暑い中、東京のスタッフ何名かで京都に行ってきました。 着いた途端、陽射しが強く、空気もムワッとしていて早くもめげそうになりましたが、鴨川へ行ったり、下鴨神社へ行ったり、みたらし団子や冷やし甘酒をいただいたり、暑さに負けず京都を存分に楽しみました。 土曜日の夜は祇園祭りの宵山(山鉾行事の前祭)の様子も見ることができ、駒形提灯とお囃子と、屋台と人と、活気がなんとも言えません。お囃子はあの高い音とメロディーがとても日本らしくて、涼やかで、聞いていてとても気持ちが良いですよね。日本の文化や伝統はやはり素晴らしいなと感じます。ちなみに駒形提灯は鉾ごとにこだわりがありデザインなどが違っているそうですよ。面白いですね。 正直言ってしまうと、あまりの人の多さに迷子にならないかヒヤヒヤしていたことの方が印象強かったのですが 笑 。それだけ人々に愛される行事ということですね。 京都のスタッフにも会うことができ、とても有意義な旅行でした。 さて、最近は日本全国津々浦々のお客様から、訪日外国人観光客向けの翻訳などお問い合わせを多くいただいております。日本の良さを世界に広めるお手伝いができ、嬉しい限りです。皆さま、ご興味あれば是非お問い合わせください!

バラエティ番組にみた考え方のバラエティ

こんにちは。映像翻訳事業部の手代木です。 先日、テレビでバラエティ番組を見ていた時のことです。 番組内では、タトゥーの是非を問うていました。 「自分が入れたいと思うならいいと思う」という日本人の若い世代と、 「タトゥーお断りとしている公共の場が多いということは、タトゥーが認められていないことの証だ」とするお年寄り世代が対立していました。 しかし、私が気になったのは、タトゥーとは別のところでした。 お年寄り世代の発言を聞いた外国の方が、こう言ったのです。 「そういう考え方は島国の考え方だからやめた方がいい。これからは世界がつながってくのだから。」 確かに、タトゥーが文化である国々から見れば、タトゥーを受け入れられないという考え方は狭量に見えるかもしれません。 そして、これから海外の人が日本に来ることも、日本人が海外に出て行くことも、どんどん増えるだろうことも確かです。 ですが、世界の中では少数派だから間違っている。考えを改めるべきだ。という考え方も違うのではないかと思うのです。 グローバルな社会だからこそ、他人の考え方を否定しないことが大事なのではないでしょうか。 自分が理解できなくとも、そういう考え方もある、と認めることはできるのではないでしょうか。 その先に、誰もが生きやすいグローバルな世界があるのではないか、とバラエティ番組を見ながら真剣に考えてしまいました。

カルチャーギャップ

翻訳部の田島です。以前、仏領マルティニークとイタリアのエグゼクティブ6名をアテンドして、地元の公立中学校を見学する機会がありました。 皆さん見るもの聞くものすべて新鮮なようで、学ランとセーラー服など統一された身なりに興味を示し、下駄箱に蓋と鍵がないこと驚き、校舎の手入れが行き届いている(しかも掃除は生徒による)ことに感銘を受け…。中でも特に興味を惹かれていたのが学校給食での次の点でした。 教室で配膳、食事をする 生徒が配膳する 配膳のプロセスが整然としていてとても早い 全員に食事が行き渡ってから「いただきます!」 言われてみて初めて「なるほど!」と気が付いたことばかり。我々、教育を通じていろいろな価値観や信念をプログラミングされているのだなと思いました。 考えてみると、他にも「一を聞いて十を知る」「和を以て貴しとなす」「出る杭は打たれる(好きな言葉ではありませんが) 」などなど、無意識に日本人として日々の行動に結びついているものが多くありそうです。 外国人とのコミュニケーションにおいて、翻訳であっても仕事上のやりとりであっても、そのような文化的背景について自分自身で気が付いた上で言葉を尽くして伝えていく必要があるなと改めて思ったしだいです。 と、あまり力をいれなくとも、いわゆるカルチャーギャップに直面した時、良い悪いの判断を脇にポイと置いておき、好奇心を持ってそのギャップを楽しんじゃえぐらいの心構えでいられるといいですね。

「新見暢朗の翻訳よもやま話」はじまりました!

本日、「新見暢朗の翻訳よもやま話」ページをオープンしました。 筆者は、トップクラスの日英実務翻訳者であり、ブレインウッズの経営顧問を務める新見暢朗氏です。 新見氏は、国内電機メーカーに就職、そのうち通算15年間を米国ロサンジェルスの現地法人で勤務。10年前より翻訳者として独立されました。ブレインウッズでは日英・英日翻訳を問わず、翻訳を担当していただいています。 彼の手がける翻訳は常に、原文の行間を汲みつつ、冗長を排し、理路整然としており、国際企業のドキュメントに相応しい文書として仕上がっています。毎回期待以上のものが出来上がるためか、新規でご発注いただいたお客様は、必ずリピーターとなってくださいます。 彼の手には(または彼の脳裏には)、翻訳の神様が宿っているのだと私は信じて疑いません。 氏にはブレインウッズの翻訳スタッフ研修を数年前から依頼しており、その内容がまた素晴らしいので、月一回のペースでWEBに掲載させていただくようお願いしました。 英語を使ったコミュニケーションに携わる人必見の内容になること間違いありません。 そして、読まれた方の手にも翻訳の神様が訪れますように! ぜひ、第一回「翻訳とは何か」からじっくりお読みください。 笹波

Page 5 of 12« First...34567...10...Last »